腸内環境改善サプリの特徴と腸内環境改善に役立つ情報を徹底調査

人間にとって胃腸の調子は食事や排せつに直接かかわるのに、少しくらい調子が悪くても対処しないことが多いです。
特に腸の調子は今日の明日で変化することはそんなにないので、少しおかしいなと思ったときに少しずつ調整することが大切であまり重篤な状態にしないほうが身のためです。

腸内環境を整えるサプリはいろいろな種類があり、どれも体に優しい成分が多いので積極的に摂取したいものです。
腸内環境改善サプリを摂取するときに気を付けたい種類やポイントなどを詳しく見ていきましょう。

腸内環境改善サプリの特徴

腸内環境を整えるというと一般的にはヨーグルトなどから乳酸菌を摂取したほうがいいと思われがちで、便秘解消をするならヨーグルトというイメージも固定しつつありますが、実際にはちがうアプローチの仕方もありヨーグルトからの乳酸菌に頼るのは少し物足りない印象を受けます。

便秘や下痢などの症状から腸内環境が悪化している現実に気付き、何とかしたいと思うようになりますが、そのためには腸内環境悪化の原因を知り、安全で適切な改善方法を探る方法がベストとなります。
腸内環境改善サプリを選ぶときも、「腸内環境改善」や「乳酸菌配合」などのフレーズに振り回されないように内容を確かめて選ぶことが重要です。

腸内環境悪化の原因と負担を回避する方法

腸内環境が悪化する原因は、いろいろな種類があります。
辛い物などの香辛料(刺激物)の摂りすぎ、人工甘味料などの化学物質の影響、カビなどに汚染された食品や水分の摂取、抗生物質などの薬品の影響、日ごろのストレスによるものなどがあり、原因を特定する作業は意外にも困難なことが多いです。

共通しているのは何等かの原因があって腸内に悪玉菌が増えてしまい腸内の粘膜を傷つけてしまっているということです。
普段から便秘が多いのか下痢になりやすいのかによっては自覚症状が違いますが、この腸内環境悪化が進む原因や負担になるものをできるだけ回避しないと改善への一歩にはなりません。

負担になる食品としては消化の悪いものに加えて次のようなものが挙げられます。

  • チーズや牛乳
  • 大豆製品
  • イースト菌や麹菌を使用した食材や飲料
  • スパイス類
  • 脂の多い食品
  • 穀物の中でも小麦や小麦関連商品
  • 糖分が多い食品
  • 不溶性食物繊維
意識的に改善していかないと便秘や下痢の症状は平行線か悪くなるばかりです。
便秘が続いても下痢が長引いても体には良い影響はなく、腸内環境の悪化によって免疫力が低下したり、栄養が十分に吸収されないことから肌荒れや栄養不良の状態になりかねません。

腸内環境を改善するにはシンプルな乳酸菌サプリ

腸内環境改善には以前より乳酸菌が良いと言われています。
これはすべてが間違っていることではありませんし、むしろ理にかなっていることです。
近年の傾向ではもともと腸内に存在している乳酸菌を増やすことも良いとされていて、乳酸菌を増やす目的でそのエサになるオリゴ糖などのプロバイオティクスを含んでいる乳酸菌サプリも人気を集めています。

市販のヨーグルトにもプロバイオティクス入りのものが増えていますから相当な人気があり、話題となっています。
乳酸菌サプリの中でも複数の乳酸菌プラスプロバイオティクスというものも多くなってきて、どれが本当に良いのかはよくわからない状態になっています。

ここで気を付けたいのはどの程度腸内環境が悪化しているのかということです。
腸内環境によってはこのプロバイオティクスすらも負担になるときもあり、うまくサプリに含まれている乳酸菌が機能してくれないことがあります。

腸内環境がどれくらいの状態になっているのかは、出てきた便を見て判断したり毎日お通じがあるかどうかで判断するよりほかありません。
良かれと思ってプロバイオティクス入りの乳酸菌サプリを飲んだら腹痛で苦しんだ、そんな経験をしたら腸内環境改善系のサプリが怖くて2度と飲めなくなってしまう可能性もあります。

そのため乳酸菌サプリを使用するときはできるだけシンプルな乳酸菌だけのサプリを飲む方が良いといえます。
乳酸菌の種類が複数配合されているものだとより一層の効果が期待でき、お腹の調子が落ち着いてきたなと感じることも出てきます。
乳酸菌サプリに何種類の乳酸菌を配合などと堂々と表示されているものがおすすめです。

腸内環境を改善すると体にとってはメリットが増えます。
免疫力のアップを始め、美肌や美髪などの美容効果もありますし、快便となればダイエットの効果も期待できます。
適切な食事量なら健康そのものの状態となり、毎日をアクティブに過ごせることを実感できるようになります。

腸内環境改善に役立つ情報

腸内環境改善にはいろいろな要因が絡んでいます。
腸内環境改善サプリは、ご存知の方も多いと思いますが医薬品とは違って健康食品です。
そのために確かな効果は期待できないと思われがちですが、実際のところは自分の体に合うものが見つかるとかなりの効果を発揮してくれることがあります。

また近年では生きて腸まで届く乳酸菌といったようなフレーズもスーパーでよく見かけるようになり、何となくすごい効き目がありそうな、改善できるような気持ちになりますが、乳酸菌が生きて届く保証はないといえます。
でも乳酸菌は死んだ菌でも腸内環境改善の効果があるので、がっかりするのもまた早とちりといえます。

意外とリスキーな手作り発酵食品とカビ系食品

日本には漬物という文化があり簡単で体にとても良い効果がある発酵食品としての認識も高いことが特徴的です。
ぬか漬けを始めとする漬物のほとんどは乳酸菌発酵が行われていて、適切な量を食べるなら体の免疫力をアップして腸内環境も整えると言われてきました。

確かに古くから言い伝えられている方法で作ったぬか漬けは味はもちろんのこと、大体毎日のように食べていると腸内環境が整ってきてすごい効果があるんだなと実感します。
旬の野菜も美味しく食べることができて古き良き文化を堪能している気分に浸れます。

ですが、問題は近年話題になっている手作りのヨーグルトやテレビ番組で取り上げられるようなちょっと乳酸菌発酵によって健康的なニュアンスの調理法です。
新しいから悪いという意味ではなく、これらの比較的新しい手作りヨーグルトの類は、どんなに自宅で煮沸消毒をしても完全な雑菌の侵入を防ぐことはできないためにリスキーだといえます。

ぬか漬けを例にして言えば、ぬか漬けはぬか床を作って自然発酵を促していくものです。
毎日手素手で空気に触れさせるようにぬか床をかき混ぜることで乳酸菌を始め酵母などが育ち、漬け込んだ野菜がおいしくそして健康的に水分を排出しながら栄養成分をまとうという仕組みになっていて、大体一夜漬けで美味しく食べれるようになります。

健康的な視点から見ればこれ以上理想的な食品はないほどの栄養がある漬物です。
しかしリスクの視点から見れば、ぬか床はカビが生えることがあり特に白カビのときはそのまま混ぜてぬか床の環境を整えれば継続して使用可能となりますが、カビの仲間は日和見筋(善玉にも悪玉にもなる菌のこと)で、腸内環境が悪いときは悪玉菌になりやすいと言われています。

しっかりと安全に管理ができれば手作りヨーグルトもぬか漬けの類もとても良い食品ですが、完全管理の基準がないし、個人の自宅でのこととなればリスクは高まるばかりといえます。

リスクといえばカビ系の食材も腸内環境が良くないときは控えたいものです。
カビ系というとどのようなものを想像するでしょうか?
代表的なもので言えばカビ系チーズや麹菌が関連している甘酒、生みそなどです。

似たようなものとして酵母があり、こちらも腸内環境によっては負担となるもので、代表的なものにはビールやぬか漬けがあります。
ぬか漬けは酵母菌も関与しているのでおなかの調子が良くないときは控えたほうが無難です。

腸内環境改善を意識するなら、調子が悪いときは前述したような手作り系の乳酸菌発酵食品や、カビ系食品、酵母菌系は少しお休みをして、どうしても食べたいときは製品化されているヨーグルトやキムチ、ザワークラフトなどがおすすめです。
ぬか漬けもぬかが付いた状態で市販されていますので、調子が良くなるまでは市販品で我慢すると良いです。

便秘の人は要注意!食物繊維の取り方

腸内環境改善というとすぐに思い浮かぶのが便秘解消です。
便秘解消をするには食物繊維が良いと誰しもが唱えますが、実は食物繊維には2種類あって、食物繊維の取り方次第では便秘が悪化する可能性があります。

食物繊維は、水に溶けないで便の量を増やす不溶性のものと、水に溶けて便の水分調整をしてくれる水溶性のものがあります。
え?と思っている方も多いと思いますが、食物繊維の王様といわれているごぼうは不溶性の食物繊維が豊富で便秘のときにはあまり適さないことをご存知でしょうか?

どんな食品が不溶性で、水溶性なのか、大体の感じで見極める方法が1つあります。
食事で取り入れたときに、繊維質の部分が気になるものや豆芋根菜は不溶性、反対にねばねばしていたり水分が多い食品は水溶性です。
すべてがこれに完全にあてはまるとはいえませんが、大体の感じで把握するには良い方法です。

ですので、ごぼうやおからなどは不溶性となり、昆布やオクラ、リンゴなどは水溶性となります。
普段から自分の便の調子が便秘か便秘がちという方は、食物繊維を意識して食べるようにしていると思います。
でも今日からは水溶性食物繊維を意識して食べるようにする方が断然良いでしょう。

不溶性食物繊維は便の量を増やしてまとまった感じで出すためにはとても良いのですが、便秘のときには便だけを増やしてしまい、便の硬さを調整はしてくれません。
むしろ便量を増やすために固さが増してしまう可能性があり、便秘を悪化させる可能性があります。

便秘のときは焦らないで水分と水溶性食物繊維と乳酸菌を摂取するように心がけるのがおすすめです。
食事の組み合わせで言えば、ぬるま湯や水と、わかめサラダや昆布の炒め煮、オクラのお浸しやてんぷら、デザートにリンゴという感じでしょう。
こうした水溶性食物繊維を毎日毎食コツコツと摂取すると便秘はあっという間に解消して毎回快便ということも出てきます。

食物繊維について詳しい情報は「食物繊維サプリの特徴と効果と選び方」で紹介しています。
徹底的に熟読して食物繊維を味方にしてください!

腸内環境が良い状態を保つには運動も必要

体の中で脳に次いで腸はとてもデリケートだと言われています。
腸が敏感な方は聞いたことがあるかもしれませんが、古くから第2の脳といわれていて、精神的なストレスの影響をとても受けやすい臓器としても知られています。

腸内環境がどんなに良い状態でも、何かをきっかけにしてストレスを感じているときは個人差があるものの便秘や下痢になることがあります。
明確に便秘や下痢といった症状ではなくても、出にくいなとか、緩くて安心しておならができないとか、そういった状態になることもあります。

これほどまでにストレスの影響を受けやすい腸を守るには、適度なストレス発散がとても大切です。
ストレスを発散すると自分の気持ちがすっきりするし、心も体も軽くなるといったメリットがありますから適度に行うのがベストです。
場合によってはスポーツをすることもおすすめで、スイミングやヨガ、その他の得意分野も良いでしょう。

気持ちの上でのストレス発散はこれで十分で、お酒の飲みすぎに注意すれば完璧です。
腸に対する配慮としては、ときどき夜の食事をファスティングして胃腸を空っぽにすることです。
空っぽにすると必要最低限の動きだけをするので負担が少なくなります。

その他ではヨガやストレッチを行って胃腸を刺激したり漢方薬を使って体に優しい効き目や体質改善を行うことも良いです。

腸の不調が長引くときは医療機関を受診

腸内環境の良し悪しは、現実的に肌の調子などを含めて美容と健康に大きな影響をもたらします。
ウイルスや感染症などで不調になっているなら治療法が明確ですが、特に病的な感じではなくて1週間以上も違和感があったり不調が続くときはあまり放置しないで内科や消化器科の医療機関を受診することがおすすめです。

腸内環境の不調は場合によっては重篤な病気のサインになっていることもあり、がんやストレスによる病気のこともあります。
健康的に毎日を過ごすためにも早めの対応をとると良いでしょう。

サブコンテンツ

2016年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ