実際に病院で処方される薬でダイエット効果はあるのか?

日本では高度肥満症の方に対して肥満治療薬を医師が処方する事があります。
これは世界的に見ても特に珍しい事では無く、日本の場合は、肥満度が+70パーセント以上、または、BMIが35以上の方に限定される事が多いようです。
あくまでも食事療法と運動療法の補助的な役割として処方する事がほとんどですが、その効果はどれくらいあるのでしょうか。

実際に日本で処方される肥満治療薬の種類

代表的なものでは、「サノレックス」や「ゼニカル」が挙げられます。
これらの肥満治療薬は、それぞれに作用に違いがあり、以下のような違いが挙げられます。

サノレックスの画像

サノレックス

サノレックスは、厚生労働省が認可している薬で、日本国内で医師による処方が出来る薬です。
作用としては摂食中枢に影響を与えて、食欲を抑制すると言う効果が期待出来、服用している状態で、有酸素運動を組み合わせる事で、より効率的にダイエットをする事が出来るとされています。

また、服用期間は最長で3か月と定められており、これは服用後3か月程度で体に耐性が出来てしまう為です。長期間服用しても食欲が元に戻ってきてしまうので、これ以上の期間の服用は推奨されていません。
服用する為には医師の処方が必要となるお薬ですので、必ず医療機関で処方してもらうようにする事が必要です。

ダイエット効果のあるサノレックスの情報と口コミまとめ

ゼニカルの画像

ゼニカル

ゼニカルは脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制して、食事から摂取した脂肪分の吸収自体を抑えると言う作用があります。
ゼニカルによって吸収されなかった脂肪分は、便と一緒に排泄されるので、結論から言えば摂取カロリー自体を抑える事にも繋がります。

しかし、脂溶性ビタミンの吸収も妨げてしまうので、服用中はビタミン剤の補充も同時に行う事が推奨されています。

効果としては、服用を始めてからおよそ2週間程度で減量が始まり、長くても1年間程度は減量の効果が持続します。服用するにはサノレックス同様に医師の処方が必要となりますので、必ず医療機関で処方してもらうようにする事が必要です。

痩せる薬と言われるゼニカルの情報と口コミまとめ

肥満治療薬は標準体重を大幅にオーバーしている人程感じやすい

肥満治療薬の効果と言うのは、標準体重を大幅にオーバーしている人程効果を実感しやすく、また、少しぽっちゃりしている程度では処方されない可能性があります。
原則として高度肥満症の方に処方されるお薬ですので、どうしても痩せたい為に服用を希望する場合は美容クリニック等に相談すると良いでしょう。
副作用もありますので、服用の際には慎重になる事をおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ