糖質カットダイエットサプリの特徴と体に与える影響

カロリーカット系ダイエットサプリの中には糖質だけをカットするものがあります。
糖質はカロリーこそ脂質のおよそ半分程度ですが、ダイエットの観点から見ると糖質ほど摂取量が多く余って脂肪を作りやすいものはないという意見もあるものです。

カロリーカットサプリ系で食事から摂取した栄養成分のうち糖質だけをカットすることができるのが糖質カットダイエットサプリで、このサプリをうまく利用していけば食事はいつも通りでも痩せるチャンスやタイミングが見えてくるといえます。
糖質カットダイエットサプリについて特徴やその他の情報を詳しく見ていきましょう。

糖質カットダイエットサプリの特徴

糖質カットダイエットサプリは食事を食べて摂取した栄養成分のうち糖質が分解され吸収されやすい状態になる過程を防いでくれるものです。
分解されない状態では体内にあっても吸収することができないのでそのまま体外へ排出される仕組みを利用していて、糖質制限ダイエットとの相性がとても良いことでも知られています。

そもそも糖質とは?なぜ糖質で太るのか?

糖質は、「糖」の字が使われているので甘いものに多く含まれていると思いがちですが、正確には甘いものやでんぷんに多く含まれているものです。
ご飯などの炭水化物にも含まれていて、よく糖質カットというと炭水化物であるご飯の量を減らすダイエットなどと解釈することもありますが、こちらも正しくは糖質と食物繊維の両方をカットしてしまう行為になるのです。

また糖質というのはいくつもの糖質の種類の総称で、さまざまな食品やアルコールにも含まれています。
カロリーは基本的に糖質1gで4kcalに相当し、体内でエネルギーとして消費されなかった余分な糖質は脂肪となって体に蓄積されていきます。

どうして糖質が脂肪になるのかというと、糖質を摂取すると体内では摂取した糖質の100%をエネルギーにするために血液中は糖質の量が多くなります。
この状態が血糖値が上がっている状態で、人間の体は血糖値がある程度高くなるとインシュリンというホルモンを分泌して血糖値を正常に戻そうとします。

このインシュリンは糖質を体の隅々の細胞に運ぶ働きを担い、消費されないで余った分は体脂肪として消費されるときを永遠に待ち続けるようになります。
インシュリンとしては糖を全身の細胞に届けて血糖値を下げるという目的を果たしているだけですが、摂取した糖質が多ければ多いほど、脂肪として蓄積される可能性が高くなってしまいます。

見た目は痩せている方も中性脂肪が高い隠れ肥満の状態なこともあるので、油断は禁物です。

糖質カットで痩せるメカニズム

食事制限を行って通常摂取量よりも少ない糖質にするとダイエット効果が期待できます。
糖質カットをすると痩せるメカニズムは大きく分けて2つあり、1つは糖質制限によって新しく脂肪が増えなくなることと、もう1つは糖質制限によって不足したエネルギーを補填するために脂肪が燃焼されることが挙げられます。

自分のライフスタイルに合わせた糖質の取り方をすることで、食事から摂取した糖質が余らないかマイナスの状態になると、新しく脂肪が増えることはなくなります。
糖質制限によって体内の糖質が足りない状態になるとこれまでストックされ続けていた脂肪をエネルギー源にして体に提供しようと働くので、事実上は脂肪が減りダイエットできることになります。

糖質カットダイエットサプリの働きと効果

糖質カットダイエットサプリの具体的な働き方は、糖質が吸収されやすい状態に分解されることに着目し、分解されることを妨害するタイプのサプリが多くあります。
糖質の分解が進まなければ吸収したくてもできない状態になるので、そのまま体外へ排出する以外の用途がなくなります。
よって糖質が体に吸収されなかったことになりカットできたといえます。

体の方はこれまで消費しきれないほどの糖質が吸収されていたのに、いつもよりも少ない糖質しか吸収できなくなり、エネルギー源が不足した状態になっていきます。
糖質が足りないとなるとストックしていた脂肪をエネルギー源にするため、体としては脂肪が減ることになり結果としてダイエット効果が期待できるのです。

糖質カットダイエットサプリは、糖質をカットするほかに脂肪が燃焼されやすい環境を整える働きも担っています。
ダイエットができるライザップは糖質制限で有名ですが、ライザップは糖質制限と運動について完全に管理しているので、見た目にもわかるほどの結果をだしているといえます。

ライザップは糖質制限による食事管理と、徹底したマンツーマントレーニングで脂肪燃焼を促すことが最大の特徴です。
そして筋トレによって基礎代謝と脂肪燃焼効率をアップして、結果的には健康的に引き締まった肉体になってダイエットができるものです。

しかし最も重要なのは「徹底してやる」ということで、中途半端な状態でこれらのダイエットをしてもさほどの効果は出ないといえます。
ライザップダイエットについては「糖質制限ダイエットで人気のライザップについて」で詳しく解説しているのでチェックしてください。

糖質カットが体に及ぼす影響

糖質カットはダイエット効果もありますが、どれくらいカットするのかによってはメリットもデメリットもあります。
糖質カットをすると体にはどんな影響があるのか見ていきましょう。

筋分解を引き起こす低血糖のリスク

糖質制限が適切ではないとき、低血糖の状態になって頭がぼーっとしたり、集中力が低下するなどの症状が起こります。
この低血糖の症状は個人差があり体質によってはわりと平気な人もいます。
しかし健康を損なうという意味では軽度なうちに適切に対処するべきで、あまりにもイライラするようなら糖質制限を中止したほうが良いこともあります。

糖質が足りない状態になると脂肪をエネルギーとして使うと前述しましたが、脂肪のほかにもタンパク質や筋肉も分解しようとします。
筋肉まで分解されてしまうと筋肉量が減って基礎代謝も落ちていき、1日に消費できるカロリー自体も少なくなってしまい、結果として太りやすい体になり、リバウンドもしやすくなってしまいます。

健康な状態を損ねる可能性もあるので、正しいやり方で実践しましょう。

糖質カットダイエットサプリは糖尿病対策に使えるのか?

糖質カットダイエットサプリは正しい使い方をしていけば結果的に糖尿病を予防することにつながっていきます。
しかし薬事法にもあるようにダイエット目的で製造されているサプリを糖尿病の予防のために摂取することはおすすめできません。

もしも糖尿病対策のためにサプリメントを摂取したいなら、糖質カットダイエットサプリではなくてクロムがおすすめです。
クロムはミネラルの1つで天然由来のために体に優しい成分です。
体の中で糖質やコレステロールを分解するときに必要不可欠なミネラルで、インシュリン抵抗性を改善する効果や、GTFというブドウ糖耐性因子の生産を正常化させたり、クロムが不足している方には補充する役割を担っています。

糖尿病を含めて病気の予防を意識するなら糖質カットダイエットサプリよりもミネラルやビタミンのように働きが明確になっているものの方が有用性があり、またそれによって極端な体重の減少があるときは他の病気を疑うことも必要です。
極端な体重の減少に関してまとめた急な体重減少に病気の可能性の内容をチェックしてみるといいでしょう。

糖質カットダイエットサプリは適度な運動との相性抜群

糖質カットダイエットサプリは痩せるメカニズムから考えても、適度な運動を組み合わせることがダイエットを成功へ導いてくれます。
適切な糖質カットができれば体に過度な負担を与えることもなく、運動によって脂肪を燃焼しやすくなります。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ