短期間で痩せる方法として健康的なダイエット方法とは何かを調査

ダイエットは、体への負担を考えたら長期的に行うのが理想ですが、どうしても短期間でダイエットをしなければならないという時もあるかもしれません。
ここでは、体への悪影響を最小限に抑える短期間ダイエットの方法についてお伝えします。

食事は食べる時間と食べるものを徹底管理

短期間で痩せるとなると、食事はほとんどとってはいけないのではないかと思う人も少なくないかもしれません。
しかし、急激な食事制限は心身への負担が大きすぎますから、なるべく負担を少なくする必要があります。
食事を減らせば確かに体重も落ちていきますが、同時に、大事な筋肉も落ちてしまうため、代謝が悪くなることも懸念されます。

また、リバウンドのリスクも高くなってしまいます。
短期間ダイエットにおける食事制限は極めて難しく、きちんとメニューを考える必要があるでしょう。
そこで重要なのが、食事の時間と食べる品目を徹底的に管理することです。
摂取カロリーを減らすよりも効果があります。

まず一つ目は、夜寝る時間の4時間前までに夕飯を済ませること。
23時に寝る人は19時までに夕飯を食べ終わらなければならないということです。
つまり、もし19時に帰宅してしまったら、その日は夕飯を食べることはできません。

夕飯を食べられないのはストレスですよね?
すると、18時までには帰りたいため、普段残業したり寄り道したりして帰ってきていた生活スタイルが規則正しく変化する可能性があります。
ここでのポイントは、ダイエットのために生活習慣を見直しているところです。
ダイエットにはこのように生活習慣を見直すという大きなメリットがあったりするのです。

次に重要なのが、食べる品目です。
できる限り、良質なたんぱく質を多くとり、排便を促す食物繊維の多い食品を忘れずに摂取するようにします。
他にも、野菜や海藻、豆類、雑穀類をバランスよくとります。
理想は和食の小鉢料理をたくさん食べる感じの食事です。
また、糖質はできるだけお昼ご飯までにとって、夕飯ではとらないようにします。
総摂取カロリーはそこまで下げなくても、これを守るだけでかなり痩せ体質になります。

短期間ダイエットにオススメの食材と食事メニューを調べてみました

短期間で痩せたいとき、あなたは食事を抜いて無理にダイエットをしようとしませんか?
実はダイエットをすすめる体にとって、食事を抜いてしまうことはNG行為なんです。
食事を抜くよりも、ダイエットに適した食材と食事メニューを摂る方が痩せ体質になるのです。
ここでは短期間ダイエットをする際に痩せやすくなるオススメの食材と食事メニューをお伝えしていきます。

短期間で痩せるために食事を抜くのはNG 短期間で痩せるために食事を抜くのはNG
「3週間でマイナス〇キロ痩せるぞ!」などと意気込んで始めるダイエット、手っ取り早く食事を抜いて無理に減量しようとする人は、ちょっと待ってください!
実は食事を抜くことは痩せ体質とはかけ離れた体質へと近づけてしまう可能性があるんです。

痩せ体質とは、脂肪をためにくく、代謝の良い体質のこと。
適度な筋肉がしなやかについた体型を維持することで、その体質に近づけると言えます。
食事を抜いてしまうと、筋肉を落としかねないため、代謝が落ちる可能性があります。
ですから食事を抜くことはNGなんですね。

もちろん、甘い物や高カロリーの物を食べ続けていたら痩せられないので、食事もダイエットに適したものに変えるのが良いでしょう。
特に良質な筋肉の形成に欠かせないたんぱく質を糖質の代わりに多くとることが重要です。
たんぱく質は赤身の肉や卵、豆類などに含まれています。
逆に、糖質の多いごはんや小麦粉を含む食品はできるだけとらないようにするのが上手に痩せるコツです。

短期間で痩せるために必要な食材とメニュー

短期間で痩せるために必要な食材とメニューをご紹介します。
まず、食材は野菜、豆類、海藻類、卵、肉、魚からバランスよくできるだけたくさんの食材を使ってください。
野菜ですが、根菜類は糖質を多く含みますので避けてください。
例えば、じゃがいもや大根、ごぼうや人参など、土に埋まっている野菜は根菜です。
酵素の多い緑黄色野菜は多めにとりしょう。
下記で朝昼晩のオススメメニュー例を紹介します。

朝ごはんのオススメは、「酵素ジュースともち麦ロコモコ丼」です。
朝はたっぷり酵素とたんぱく質をとって元気に出発しましょう。
酵素ジュースは、生の小松菜を2、3枚とリンゴ半分とレモン半分、ヨーグルトを大さじ2杯、水を適量いれてジューサーでミックスしたものです。
ロコモコ丼は、もち麦ごはんの上に、甘辛く痛めた豚ひき肉と目玉焼きを乗せたもの。
ひき肉を炒めるときは油を使わないことと、目玉焼きを焼くときはオリーブオイルを使うこと。
オリーブオイルは排便を促す効果もあり、とってもいいんですよ。

ランチにオススメは、「サラダチキンと海藻と豆のサラダ」で決まりです。
サラダチキンはコンビニなどでも手軽に買える低カロリー高たんぱくなダイエットにうれしい食品。
これだけでもおいしいですが、これを細かく裂いて、海藻類や豆類と和えるとすてきなサラダに。
たっぷり食べて満足感を得ましょう。
罪悪感なくたくさん食べられるのでストレス解消にもなります。

夕ご飯にオススメは、「もち麦入り脂肪燃焼スープ」です。
夜は就寝時間の4時間前までにこのスープを食べましょう。
材料は、残り物野菜でOK。なるべく根菜を入れないようにしてください。
おすすめは、トマト、セロリ、キャベツ、玉ねぎ。
パンチをきかせたいならニンニク、ショウガもオススメですよ。
燃焼スープは薄味気味でたっぷり作っておけば、気分に合わせてトマト味やみそ味へと味を変えることも可能です。
飽きないように適当なタイミングで変えましょう。
また、満足感を得るためにもち麦をいれることもOKです。
食物繊維が取れて、翌朝お通じもすっきり出るかもしれません。

短期間ダイエット中に絶対に食べてはいけない食材とは?

一方、短期間ダイエット中に絶対とってはいけない食材というものがあります。
それは小麦粉や糖質の多い炭水化物です。
特に小麦粉はごはんや白糖よりも太りやすい体質になってしまう食材と言えます。
小麦粉には中毒性があるため、パンや小麦粉を含んだスイーツは一度食べたらやめられなくなってしまうようなところがあり、ダイエットの敵と言えます。
また、一部の人は隠れ小麦粉アレルギーであることも。
その場合、ダイエットで小麦粉をとらない期間を設けると、それが好機になって体調が整ってきたりします。

短期間ダイエットに向いている食材と食事メニューで無理なくきれいに痩せよう! 短期間ダイエットに向いている食材と食事メニューで無理なくきれいに痩せよう!
いかがでしたでしょうか。
ダイエットには食事管理が基本ですが、無理な減量よりもダイエットに適した食材をバランスよく食べた方が痩せ体質になるということをご理解いただけましたか?

ダイエットは体を健康にするための方法ともいえるので、ただ痩せるだけではなく、体の中からきれいになれるよう、様々なことを見直すいい機会にしていただけたらと思います。
今日からあなたも体に優しい食材と食事メニューで楽しくダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

運動も内容と運動する時間を徹底管理

ダイエットを成功させたいのなら、食事管理の他に運動管理も忘れてはいけません。
運動も、内容と時間を徹底管理することで、短期間でもきれいに痩せることができますよ。
ポイントは、激しい急激な運動は避けて、インナーマッスルを鍛えるような運動を行うことです。
さらに効果的にするには、朝晩と一日に2回行うことです。

実は、痩せやすい時間というのがあります。
それは、朝ごはんの前。
朝ごはんの前は空腹なので、体が体内の脂肪を使うモードに入っています。
このタイミングで運動をすると、脂肪をエネルギーとして使ってくれるのです。
忙しい時間とは思いますが、是非朝ごはんの前に軽くても良いので運動することを心掛けてください。
オススメの運動は、ヨガなどのインナーマッスルを鍛える運動です。
3ポーズ程やるだけでも効果が出てきます。

上記の運動に加え、夕方に軽いウォーキングをプラスすることでさらに相乗効果を発揮します。
一度に長時間の運動をするのが苦手な人も、朝と夕方に分けることで、負担なく運動をすることができるのではないでしょうか。
ウォーキングは20分以上歩けると良いですね。
歩くのが好きな人や得意な人は一日1万歩に挑戦してみてもいいかもしれません。

短期間で痩せることができるダイエットに効果的な運動を考える

ダイエットは、体への負担を考慮すると、半年以上の時間をかけてじっくり確実に痩せていくことが理想です。
しかし、どうしても短期間で痩せる必要がある場合には、その負担を最小限に抑えるダイエットメニューに取り組む必要があります。
ここでは短期間ダイエットの際に効果的な運動メニューについて考えていきます。

短期間で痩せたいために無理な運動を行うのはダメ

短期間で痩せたいからと言って、無理な運動を行うのはやめましょう。
体への負担が大きいばかりでなく、激しい運動をすることで、女性らしい肉体からかけ離れた筋肉質な外見になってしまいかねません。
大事なのは、インナーマッスルを鍛えて代謝を上げることができるようなしなやかな肉体を目指すことです。

そのためには、適度な負荷をかけた運動がベストです。
オススメはヨガやストレッチ、水泳やウォーキングです。
二種類ほどの運動を一日の中で二回に分けて行うととても効果があります。
特に運動タイムにオススメなのが、なんと朝ごはんの前!
朝ごはん前の体は、10時間前後食事をとっていないため、体内の脂肪をエネルギーとして使うモードになっています。
したがって、そのタイミングで運動をすると体に蓄積された脂肪が燃焼されやすいのです。

たとえば、朝ごはんの前にヨガを15分やり、仕事帰りに一駅分歩く、といった運動を組み合わせることによって、適度な運動を取り入れたことになり、痩せやすい体になりますよ。
このくらいの運動なら無理なく続けられるのではないでしょうか。
ダイエットも運動も、無理なくやることができれば、ずっと続けられて健康維持が望めます。

運動だけでなく食生活と生活習慣を見直す

ダイエットに運動は不可欠ですが、運動だけやっていればいいかと言ったらそれは間違っています。
食生活と生活習慣も同時に見直すことで、一段と痩せやすくなり、心身ともに健康に、そして美しくなっていきます。

食生活で見直したいのが、小麦粉など炭水化物の過剰摂取です。
ここを見直すだけで、食生活はかなり改善されると言えます。
小麦粉は太りやすいばかりでなく、人によっては軽度のアレルギーを持っていることがあり、それに気づかないまま過ごしていることも。
二週間ほど小麦粉断ちをして体調がよくなることもあるようなので、一度やってみてもいいかもしれません。

その他の糖質も、ダイエットの大敵です。
一日の限度量より多くとってしまうと、単純に脂肪として蓄積されてしまいますから、摂取量をなるべく減らすことが大切です。
その分、良質なたんぱく質を多めに取り、食物繊維、ビタミン類、ミネラル、カルシウムをバランスよく摂取することを心掛けてください。
目標とする食事は、旅館の朝食のような、多くの品目を少しずつ摂取できる和食五膳です。

生活習慣の見直しは、なかなか難しいことかもしれません。
なぜなら、今の生活習慣が身に付きすぎて、悪い生活リズムだという認識がないことが多いからです。
たとえば昼夜逆転の生活をしている人も、その生活がリズムよく馴染んでいれば、それが悪い生活習慣だとは思いにくくなってしまうからです。
「わたしは昔から夜型で体調を崩したこともないからこれでいい!」などと思い込んでいたりするんですね。
しかし、そういう人こそ、生活習慣を見直すことで、体は正直に良い変化をすることも。食事や運動を一切変えなくても、生活習慣を見直して、必要な睡眠時間をとるだけで痩せることもあるくらいです。

ダイエットサプリは痩せることができるが最終手段

食事と運動の管理を徹底し、生活習慣も同時に見直していくと、ダイエットは着実に進んでいくものですが、さらに痩せることに拍車をかけたい場合は、ダイエットサプリを追加してもいいかもしれません。
ダイエットサプリは様々なものが出ていますから、自分で安心して摂取できるものを選んでダイエットの補助食品として頑張ってもらいましょう。

食事や運動管理で痩せ体質になった上に、ダイエットサプリでさらなる効果を狙えば、目標体重も近づいてきてくれるかもしれませんね。
短期間で勝負に挑む場合は、全力を尽くし、やれるだけのことを後悔しないようやることは大事です。
しかし、体の負担が大きくならないよう、無理だけはしないでくださいね。

ダイエット効果を高めるためにサプリはオススメ

短期間で痩せるための運動について書いていきましたが、ダイエットにはこのように運動と食事の管理が必要不可欠です。
基本的には、本人の強い意思のもと、食事量や食材を管理し、運動を続けていく中で、減量していくものです。
しかし、それだけでは短期間で目標体重に届きそうにないこともあるかもしれません。
そんなときは、ダイエットサプリに頼るのもアリです。

現在では安全性の高いダイエットサプリがいくつも出ていますから、自分に合ったタイプのサプリを上手に活用してみるといいかもしれません。
もちろん、ダイエットの基本は自分の努力です。
ダイエットを成功させたいのなら、弱い自分の心と戦いながら、でも楽しく挑戦し続けられるプログラムを立てることが一番大切なのです。
その上で、サポート役としてダイエットサプリを使用すれば相乗効果が期待できそうです。

短期間で痩せるためには効果的に運動を取り入れることがとても大事! 短期間で痩せるためには効果的に運動を取り入れることがとても大事!
いかがでしたでしょうか。
短期間で痩せるとなると、運動だけでなく食事や生活習慣の見直しも必要不可欠であることもお分かりいただけましたか?
ダイエットにおける運動は、楽しみながら毎日続けられることがとても重要なポイントです。
体に負担をかけすぎないで、自分が楽しいと思える方法で運動を続けて、きれいなしなやかボディを手に入れてくださいね。

短期間で痩せる上手なダイエットは、運動と食事の管理にかかっている!

いかがでしたでしょうか。
ダイエットはいかに健康的に進めるかがとても大事で、そのためには食事と運動の徹底的な管理が重要なことがお分かりいただけましたでしょうか。
逆の言い方をすれば、食事と運動徹底管理して生活習慣をきちんとすることで、無理なく自然に健康的な体型を維持できるということです。
昼夜逆転などの生活習慣の人は頑張って生活習慣を見直すことから始めるだけで、痩せるかもしれませんね。
自分でできることはしっかり管理し、必要ならばダイエットサプリ等を使用して、綺麗に健やかに痩せましょう。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ