乳酸菌でダイエット!きれいに痩せる基礎知識

乳酸菌ダイエット
乳酸菌は腸内環境の正常化にとても良い影響を与えるもので、古くから健康に良く長寿などにも良いという認識があり、代表的な効果に便秘解消が挙げられます。
便秘解消によって美肌効果やポッコリお腹の解消などもよく見聞きしますが、最近ではダイエットにも良いと話題になっています。
具体的な乳酸菌ダイエットの効果とやり方、乳酸菌の摂取方法を含めて基本的な情報を調査してみました。

乳酸菌とダイエットの関係を調査

乳酸菌とダイエットの関係乳酸菌は発酵食品に多く含まれているといい、ヨーグルトやヤクルト、漬物類ではキムチが代表的なものです。
いずれも乳酸菌がたっぷり入っているというイメージが強くて、便秘解消に良さそうな感じがします。
便秘解消を意識して、これらの食品を積極的に毎日食べている人も多いのではないでしょうか。

近年では乳酸菌が便秘解消以外にダイエットに活用できると話題になっていて、多くのダイエッターからの注目を集めています。
果たしてどのような関係があるのか、基本的なところからじっくりと調査してみました!

人気の乳酸菌サプリ商品まとめ
■プレミアムスリムビオ
プレミアムスリムビオ公式サイト
商品情報
価格: 1,980円  初回限定75%OFF&送料無料
販売元:株式会社アンビシャス
責任者:河地 秀明
連絡先:0120-483-463【通話無料】
定期購入:2回目以降50%OFF 3,980円
     ※4回以上の継続あり

プレミアムスリムビオ公式ページ

プレミアムスリムビオ詳細ページ

■フローラ美人

フローラ美人公式サイト
商品情報
価格: 972円  初回限定特別価格&送料無料
販売元:よかった株式会社(よかった通販)
責任者:久永 祥子
連絡先:0120-452-457【通話無料】
定期購入:2回目以降30%OFF 2,916円

フローラ美人公式ページ

フローラ美人の詳細ページ

■天然美通

天然美通公式サイト
商品情報
価格: 3,345円  初回限定50%OFF&送料無料
販売元:株式会社読者サービス
責任者:田頭 英樹
連絡先:0120-334-034【通話無料】
定期購入:2回目以降 6,690円 送料無料
保証とサポート:メール・電話サポートあり
        返金保証制度あり

天然美通公式ページ

天然美通

■乳酸菌×水素カプセルDX

乳酸菌×水素カプセルDX公式サイト
商品情報
価格: 1,400円  初回限定モニター価格50%OFF
販売元:株式会社MONOゲート
責任者:渡辺 圭
連絡先:0120-666-285【通話無料】
定期購入:毎月1袋コース 1,200円
     2回目以降 2,400円
     ※1回の利用だけで解約OK

乳酸菌×水素カプセルDX公式ページ

乳酸菌×水素カプセルDX

種類が多い乳酸菌とその効能

乳酸菌というのはいかにもお腹の中に乳酸菌という名前の菌が繁殖しているように感じますが、腸内細菌のことを指していう比較的大きなカテゴリのことをいいます。
糖を栄養にして乳酸を作り出す最近が乳酸菌と呼ばれ、その数はとても多く存在しています。

大きく分けると2種類があり、動物性と植物性に分かれています。

動物性乳酸菌の特徴 動物性乳酸菌の特徴
乳製品に含まれるもので牛乳を発酵させた製品が多くあり人の腸内にいる乳酸菌も動物性乳酸菌です。

  • 他の乳酸菌とは共存が難しい
  • 胃酸に弱い

といった繊細さがあるものの、優れた栄養価をもち、高い整腸効果、免疫力アップが期待できます。
植物性乳酸菌を増やす働きもあります。

植物性乳酸菌の特徴 植物性乳酸菌の特徴
発酵食品に多く含まれるものでみそやしょうゆ、漬物、キムチなどにも含まれています。

  • 他の乳酸菌との共存ができる
  • 胃酸に強い

普段の食事からの摂取も可能で、動物性乳酸菌に比べて強い部分が目立ちます。

乳酸菌は細胞の形から分けることもでき、乳酸桿菌と乳酸球菌に分けられます。

乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)
棒状の乳酸菌で消化器官、小腸に多くいます。
免疫に関係した働きがあり、大腸菌O-157やピロリ菌の予防や撃退、がん細胞の活性化を防ぐことが期待できます。
歯周病菌も殺菌する効果があり、口臭予防にも役立ちます。
乳酸球菌
丸い乳酸菌で脂肪肝対策、メタボ予防、血糖値やコレステロール値の上昇抑制の作用があります。
乳酸球菌の仲間には白血球の栄養になるEF-2001株という種類の乳酸菌があり、白血球量の調整を行って結果的に免疫力を活性化させてくれる働きがあります。

動物性か植物性か、乳酸菌の形によって分けてみましたがこのほかにも30種類以上もの乳酸菌が存在しています。
できるだけ多くの種類を摂取することが良いのでいろいろと試すのも良いでしょう。

試すといっても乳酸菌の名前や効能効果がわからないと選べません。
そこで効果別に代表的な乳酸菌をピックアップしてみましたので参考にしてください。
スーパーやコンビニで見かけたことがある名前もありますのでチェックしてください。

代表的な乳酸菌
免疫力アップ
  •  EC-12株 :免疫力の活性化
  •  SBT2055株(ガセリ菌)、Th221株(KK221株) :高い免疫力アップ
  •  LP28株 :メタボ予防
  •  SN35N株 :胃炎予防
  •  KW3110株 :免疫バランス調整
便秘改善&予防
  •  LGG菌、JEF01株 :高い整腸作用
  •  NY1301株 :胃酸に強く生存率が高い
  •  HOKKAIDO株、HSK201株 :代謝アップとアレルギー抑制効果
  •  KW3110株 :免疫力アップとアレルギー症状の抑制効果
  •  ラブレ菌 :免疫細胞活性化、生命力が強い
美肌効果
  •  サーモフィラス菌1131菌とブルガリア菌2038株 :お互いの組み合わせで便秘改善&予防と美肌力アップ
  •  JBL05株 :保湿効果、免疫力アップとアレルギー予防
がん予防
  •  K-1株 :大腸がん予防、がん物質除去、便秘改善&予防
  •  シロタ株 :大腸がん予防、大腸菌O-157繁殖予防、アレルギー予防、免疫力アップ、便秘の改善&予防
  •  ロイテリ菌 :胃がん予防、ピロリ菌抑制と口腔内トラブル改善、HIV感染予防、便秘改善&予防
糖尿病・高血圧・コレステロールの低下
  •  クレモリスFC株 :糖尿病予防と悪化抑制、免疫力アップ、コレステロール値の低下作用、便秘の改善&予防、美肌
  •  BC90株 :高血圧対策、がん細胞抑制、免疫力アップ、コレステロール値の低下作用、高脂血症予防
  •  GCL1176株 :コレステロール値の低下作用、便秘改善&予防、免疫力アップ、アレルギー予防
  •  N-1株 :コレステロール値の低下作用、がん抑制、便秘改善&予防、腸内環境活性化
骨粗しょう症や口腔内トラブル
  •  L-55株 :骨粗しょう症改善&予防
  •  LS1菌 :口臭・歯周病予防
ストレス、自律神経
  •  CP2305株 :リラックス効果、ストレス抑制、整腸作用による脳の活性化
  •  OLL1073R-1株(R-1)、JCM5805株(プラズマ乳酸菌)、S-PT84株、L-92株 :免疫細胞活性化、免疫力アップ、感染症予防、アレルギー抑制

乳酸菌の力でダイエット効果が現れる仕組み

乳酸菌で腸内環境を整えよう乳酸菌は摂取すると積極的に腸内環境を整えて排便をスムーズにすると同時に活性酸素も排除する働きがあります。
体の中では活性酸素が排除されると細胞が活発に活動し始めて新陳代謝がどんどんアップしていきます。
新陳代謝のアップによって脂肪燃焼がスムーズに行われるようになっていくと、結果的には乳酸菌を摂取しただけでダイエット効果が期待できるようになります。

人間の体は加齢とともにどうしても代謝が衰えていき、痩せにくくて太りやすい体へと変化していきます。
30歳を過ぎたころから感じる方が増えてきて40代にはほとんどの方が前とは違うと感じるようになります。

乳酸菌ダイエットはこの加齢による衰えの部分もサポートしてくれるので、アンチエイジング効果も期待できる優れものです。
さらに乳酸菌の力は腸内のコレステロールの吸収を抑制する働きがあるので実質痩せやすい体作りをしていることになります。

これらの乳酸菌の力は便秘を解消することによってますます高くなり、健康的にダイエットができる基本的なサイクルを生み出します。

乳酸菌とは
便通の改善だけではなく、コレステロールの低下や免疫力を高めがんを予防するなど、さまざまな働きがあると言われています。最近ではピロリ菌を排除するなど、特徴のある機能を持つ乳酸菌も研究されています。
出典:乳酸菌 | e-ヘルスネット 情報提供

発表!乳酸菌ダイエットのやり方

乳酸菌ダイエットのやり方乳酸菌ダイエットは健康にダイエットできるのでここまで読んだ方の中には今すぐにでもやってみたい!と思って内心ソワソワいる方も多いのではないでしょうか。
乳酸菌ダイエットのやり方は、簡単に言えば積極的に乳酸菌を摂取するということが基本です。

もちろんとても簡単で、有名人の中には乳酸菌サプリを利用していた方も多くいます。
1日に5,000から1億もの乳酸菌を摂取すると良いと言われているものなので、もしかしたらサプリの方が効率的かもしれません。
正しい乳酸菌ダイエットのやり方をいよいよ発表します!

毎日お手軽!食べ物で乳酸菌ダイエット

乳酸菌は食べ物に多く含まれているので、簡単に摂取するなら日常生活の食事から摂取するのもおすすめです。
乳酸菌ダイエットをするときにおすすめな食べ物はキムチ、ヨーグルト、納豆、みそなどを食事に取り入れることが良く、他にもチーズや日本に古くからある米麹などを使用した漬物類がおすすめです。
乳酸菌ダイエットをするときにおすすめな食べ物
どちらかというとここに挙げた食べ物だけを食べるというよりも、毎日の食事に取り入れて食べることがおすすめです。
毎日の味噌汁はもちろんのこと、納豆はアレンジを利かせて夜にも食べる、ヨーグルトは人肌まで温めてホットヨーグルトにすると体を冷やさないで済みます。

キムチは特に、夕食やおつまみにするのがおすすめで豆腐などの低カロリーな食べ物と組み合わせるとベストな存在で、豆腐の場合なら、大豆イソフラボンや良質なタンパク質も摂取できるので、美肌効果も期待できます。

食べ物で乳酸菌ダイエットをするときに、ちょっと気を付けたいのがヨーグルトです。
近年ではヨーグルトとひと口に言っても、スーパーやコンビニにはヨーグルト専門のコーナーができるほど多くあり、数えきれないほどの商品があります。

ヨーグルトによってはお腹が緩くなったり、全然効果を感じないなど、相性もあるのでお腹の様子を見ながら自分に合うものをチョイスすることが基本になります。
乳酸菌飲料としてヤクルトやカラダカルピスなども登場しており、たまの気分転換に乳酸菌飲料を飲むこともおすすめです。
用を足した後に観察
お腹の調子を見るときは、自分の便を観察すると良くわかります。
色は黄色っぽい茶色、量や形、柔らかさはバナナを参考にして、臭いがあっても臭くないことが乳酸菌が元気に活躍している証拠になりますからチェックしてみてください。
固い、緩い、色が黒っぽい、臭いがきついというような場合は腸内環境が乱れている証拠になります。

乳製品NGな方も安心!乳酸菌サプリでダイエット

サプリは携帯に便利乳酸菌の摂取方法には、食べ物以外に乳酸菌サプリを飲む方法があります。
乳酸菌サプリは食べ物から摂取する乳酸菌に比べて、とにかく数も種類も多く、摂取できることが最大のメリットです。
もちろんサプリメントですから携帯に便利でいつでも飲めちゃいます。

もう1つ大きなメリットとして、乳製品にアレルギーがある方も全く問題なく乳酸菌だけを摂取できるので、安心して乳酸菌ダイエットできることが挙げられます。
食べ物の場合と同じように、自分に合う乳酸菌サプリを見つけて飲むことがおすすめです。
味や臭いに飽きるなど、マンネリもしませんので継続的なダイエットとして利用できます。

乳酸菌の摂取量の違いって?サプリとヨーグルトで比較してみた

乳酸菌の摂取量を比較乳酸菌ダイエットでは乳酸菌の摂取量が気になりますが、サプリとヨーグルトを比較してみると意外なことがわかりました。
感覚的にはヨーグルトの方がたっぷり食べた感もあるし、てっきり多く乳酸菌を摂取していると思っていましたが、結果は乳酸菌サプリの圧勝で100倍くらいの違いがありました。

でもヨーグルトを責めないでください。
ヨーグルトは、食べ物の中では乳酸菌が豊富でもサプリのように凝縮されているわけではないだけで、ヨーグルトは他の栄養素もカロリーも豊富なことが特徴です。
乳酸菌だけをクローズアップしていくと、乳酸菌サプリの方が効率的に摂取できます。

乳酸菌サプリとヨーグルトのメリットとデメリット

乳酸菌サプリとヨーグルトのメリットとデメリットを比較してみました。

乳酸菌サプリ 乳酸菌サプリ
 メリット :多くの乳酸菌を1粒単位で摂取でき、乳酸菌の種類も豊富にあり、アレルギーに干渉せず、胃酸や体温に左右されずに腸内に到達します。

 デメリット :味わうことはなく、飲み忘れる可能性があります。
ヨーグルト ヨーグルト
 メリット :カルシウムやビタミン類が豊富で味を味わう楽しみがあります。

 デメリット :食べ物の中では乳酸菌が多い方ですがサプリと比べたら圧倒的に少なく、またカロリーも高くなりやすくて乳製品のアレルギーの方には適さないものです。

乳酸菌だけに着目していけばサプリメントの方が断然効率的に摂取できますので、乳酸菌ダイエットをするときはサプリの方がおすすめです。

乳酸菌と一緒に運動プラスが効果的

乳酸菌ダイエットを続けると、代謝が良くなって脂肪燃焼しやすい状態に体が変化していきます。
このタイミングで有酸素運動を取り入れていくことがおすすめで、ハードすぎない内容で少しきついなと感じるくらいの運動が適しています。

ハードすぎる運動は、カロリー消費や脂肪燃焼にはプラスとなりますが、その分食欲も増進させてしまいます。
ハードに運動しているだけに、食欲をコントロールしにくくなってどうしても食べたくなることも出てきます。
普段からあまり運動しない人にとっては、運動というストレスを満たすものは食事になるので、ハードすぎない程度が望ましいでといえます。

これまで運動してきた人は自分のペースに合わせて、運動不足の方は水中ウォーキングや、屋外のウォーキングなどから始めるとよく、その日の目標を達成したところからあともうひと息プラスする運動スタイルがおすすめです。
乳酸菌プラス運動
一例として、3キロ程度の公園を2周する予定だったとします。
2周終わったら本来ならお終いですが、もう500m頑張ると言ったような感じにすると少しきついレベルを維持できます。
毎回このように少しきつく感じるプラスアルファがあると、運動量が徐々に増えてますますのダイエット効果が期待できるようになります。

乳酸菌と酵素と酵母の違いについて

乳酸菌と酵素と酵母の違い乳酸菌も酵素も酵母も腸内環境を整えて便秘解消に効果的なもので、ダイエットや代謝のアップにも深い関係があるものです。
同じように腸内環境を整える役割があっても、乳酸菌、酵素、酵母それぞれの違いは今1つはっきりわからないことが多いです。

これらの3種類は似ているようで実は違うもので、乳酸菌は腸内に存在している菌で、善玉菌、悪玉菌、日和見菌から成り立つ腸内細菌のうち善玉菌に属する微生物です。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れると人間の体に便秘を始めとしてさまざまな影響を与えるものです。

近年、ダイエットや健康面に良いという理由で話題になった酵素や酵母についても詳しく解説していきましょう!

ドリンクでおなじみの酵素とは?

酵素は熱や酸に弱い酵素は酵素ドリンクでもおなじみのもので、本来は酵母に含まれている物質の1つです。
腸内の食べ物を発酵させるときに必要になる物質で、酵素がどんどん腸内の食べ物を消化して分解していくため、人間にとっては必要不可欠なものです。

酵素の特徴として、熱や酸に弱い性質が挙げられます。
経口摂取をするとしても胃酸などが邪魔をすることが考えられるので、食べ物から摂取する方が良いという説もあります。
そのため、酵素サプリやドリンクタイプの酵素も加熱処理が問題になることがあります。

人間の体の中の酵素として代表的なものには、消化酵素、代謝酵素などがあり加齢とともに体内から減少していくことがわかっています。
酵素は乳酸菌とは役割そのものが違い、性質も乳酸菌が微生物なのに対して、酵素は酵母から排出された物質と大きな違いがありますが、腸内環境を整えて便秘解消や健康効果が高いということは共通しています。

ビールにも使われている酵母とは?

酵母は熱や酸に強い酵母はさまざまな食品を発酵させることができる微生物です。
地球上のいたるところに生息していて、身近な土の中にも住んでいるものです。
人間にとっては腸内の食べ物を発酵させるためにとても役立つ微生物で、発酵させるときに酵素を排出しながら進めていきます。

酵母の中には酵素が含まれていると考えても良く、そのため経口摂取した場合は腸内に到達するまでは酵母が酵素を守っているようなスタイルになります。

酵母には天然酵母という天然由来のものがあり、天然酵母だと先に触れた酵素を守る働きが一層強くなります。
その理由として、天然酵母には食物繊維などで構成されている厚い壁や層が存在し覆われていることが関係していて、この壁が熱や酸に強い性質があるので腸内到達するまで死滅することがないからです。

天然酵母に含まれている酵素を始めとしたビタミン・ミネラルなどの栄養素も酵母に守られて腸内に到達するので、効率的に摂取できます。
人間の体にとってはとても有益な微生物として認識されていて、乳酸菌とは違う役割を担っているものの同じ微生物として腸内環境を整えることは共通しています。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ