妊娠中のダイエットに断食を取り入れていいのか?

妊娠中に体重をうまくコントロールできないときは、妊婦検診で体重管理をするように指導を受けることがあります。
それは決して食べるなという意味ではないものの、食生活を見直して運動してほしいと言った内容が多く、つまりやんわりとダイエットをするように促されているようなものです。

妊娠中の断食ダイエット

妊娠中のダイエットは極端なものはNGのため、食事制限も運動も安全性が確保できる中だけと限定されてしまいます。
栄養バランスを維持したままで体重を徐々に減らせるダイエット法を紹介します。

妊娠中の断食は半日断食が良いってホント?

断食は7日間を1セットとして行うことが基本で、はじめの2日間は準備期間、中3日に具体的な断食を行い、最後の2日間は元の生活に戻すための回復期にすることが多くあります。
一般的な断食は少なくとも3日以上断食することを指し、 「本断食」 と言います。

半日断食のススメ本断食は通常は指導者がいる状態で行い、健康な人が行っても体を相当厳しい状態にするので、もしも家庭で行ったり、個人で行うときは、半日断食や1日断食が安全だと言われています。
半日断食は断食の中でも1番簡単で手軽なものです。
朝食を抜くことが基本となり、前日夜の食事から当日昼の食事まで18時間以上断食となるように設定します。

妊娠中のダイエットは基本的には食事制限などはできませんが、酵素ドリンクを使用した半日断食なら妊婦でも問題がないとわれており、酵素ドリンク栄養価の高さと半日断食による代謝のアップやむくみの解消などの健康効果が期待できることから妊娠中期以降に適していると言われています。

奇跡が起こる半日断食
半日断食のすごい効果⇒妊娠中や産後のむくみ、妊娠性糖尿病
出典:奇跡が起こる半日断食  甲田光雄(甲田医院院長) 朝食抜きで 高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている!

半日断食の仕組みと効果

妊娠中のダイエットを実践するために、ついご飯などの主食を抜いておかずだけを食べたり、満腹感が得られることから蒸かしたさつまいもだけを食べる食生活をしてしまいますが、これは体重管理に何の影響を及ぼすこともないため意味がなく、むしろ栄養バランスを崩す原因になってしまうNG行為です。

NG行為を独自に続けるよりも酵素ドリンクを使用した半日断食と無理のない範囲の軽めの運動を行う方が妊娠中にはおすすめです。
その理由として生まれてくる子供の健康への悪影響も懸念されるからです。(※ダイエットの妊娠出産への影響

妊娠中でも安心の断食半日断食の仕組みは通常なら断食期間が3日程度は必要なところを、朝食を抜いてトータル18時間程度の断食を行うことで、本断食に比べると体の反応は弱いものの、健康的な範囲内で免疫力や基礎代謝をアップし、痩せやすい体を作ることが挙げられます。

短期間の断食と代謝アップ効果から緩やかなダイエット効果が期待できるので、妊娠中でもリスクが少なく安心して取り組める断食です。
不安になっても残りの2食を食べることができますから、メンタル面での安定も期待できます。

朝食を抜くと太るという説がありますが、それは朝食を抜いても、他の2食で高カロリーな食事をしているから太るのであり、栄養バランス重視の低カロリー食を心掛けていればむしろ緩やかに痩せる可能性が高くなります。

また半日断食は運動しなくてもよく、日常で不足しがちな栄養成分を酵素ドリンクで補いますし、実戦中の断食時間は寝ていることが多いのでさほどの辛さもなく、妊娠中のダイエットにとても適していると言われています。

ダイエットの妊娠・出産への影響
低出生体重児については、成人後に糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症しやすいという報告もある。
出典:「妊産婦のための食生活指針」の内容及び解説 – 厚生労働省

半日断食1回あたりで減らせる体重の目安

妊娠中のダイエットとして半日断食にチャレンジするなら1回あたりどれくらい体重が減るのかが気になります。
個人差がありますが、平均すると1回あたり500g前後減らすことができ、それ以上体重減少がある場合は母子ともに危険が伴うために昼食や夕食でカロリー調整をする必要があります。

半日断食の体重目安

特に問題もなく1日目の半日断食が成功したら、体調に異常がないことを確かめた上で、2日目、3日目と続けて半日断食を行います。
特に断食スタイルに変更はしないで行い、最長でも1週間ほど続けてみて、3キロ前後体重が減少できたら一旦半日断食はストップして、体調の安定や健康を維持するようにしましょう。
あくまでも体調と相談しながら行うことが基本です。

半日断食のやり方と注意点

半日断食の基本は朝食を抜くことで、固形物はほとんど食べないで飲み物を摂るようにします。
おすすめは酵素ドリンクで、食事だけでは不足しがちな栄養成分も摂取できることから健康的な体を作ることができます。

昼食と夕食は妊娠中ということもあり、炭水化物や野菜、タンパク質を中心としたバランスの良い内容を意識しましょう。
昼食は12時から13時頃まで、夕食は20時頃まで食べ終わるようにします。
ここまでの内容が主なルールとなり、妊娠中でもこれらのルールを無理なく守るだけでOKです。

半日断食のルール

半日断食に使用する酵素ドリンクはできる限り無添加で安全性の高いものにします。
近年の酵素ドリンクブームによって女性の目を惹きつけやすい魅力的な商品も多くありますが、見た目に惑わされないで無添加と安全性で選ぶようにします。

注意しなければならないのは妊娠中だということを忘れないで、絶対に無理をしないことです。
正しい半日断食のやり方を守り、継続する日数も3日程度で一旦様子を見て、異常がなければ次は5日、1週間という風に徐々に行うようにしましょう。

体重を減らすことにとらわれておなかの赤ちゃんの栄養のことを忘れてはいけません。
間違ったやり方をしていると栄養障害やリバウンドの原因になります。

半日断食におすすめな酵素ドリンク

半日断食には酵素ドリンクの利用が理想的で、酵素ドリンク選びもまた重要な意味があります。
無添加の酵素ドリンクがおすすめなことは前述した通りで、数ある酵素ドリンクの中でも無添加でダイエットに適している酵素ドリンクをランキングにしてみました。

ランキング1

優光泉公式サイト優光泉

優光泉はエリカ断食道場が、断食を在宅でも無理なく行うことを前提にして作り上げたものです。
野菜を中心とした酵素のため味は漬物のような風味があるものの、ホットでもアイスでも飲みやすく美味しいと評判です。

公式販売サイトはこちら

ランキング2

毎日酵素公式サイト毎日酵素

毎日酵素の大きな特徴は原材料の種類が12種類でココナッツが主原料というところです。
ココナッツはカリウムやミネラルが豊富で酵母菌や乳酸菌、酢酸も豊富に含まれており、美容にとても良い酵素ドリンクです。

公式販売サイトはこちら

ランキング3

ベルタ酵素公式サイトベルタ酵素

ベルタ酵素は本来の酵素以外に、ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容効果の高い成分が配合されています。
また多くの酵素は発酵した味や香りがするため飲みにくいですが、ベルタ酵素はピーチ味のため飲みやすいと評判です。

公式販売サイトはこちら

これらはすべて添加物が入っておらず、酵素を薄めるようなことも一切していない酵素ドリンクです。
どれも人気が高く、ファスティングダイエットや健康のために酵素ドリンクを飲んでいるという方には広く知られているものです。
人気の酵素ドリンクのほかに、酵素ドリンクについての情報をまとめています。
妊娠中でも安心して使用できる酵素ドリンクについて詳しく知りたい方は参考にしてください。

半日断食は妊娠中に適したダイエット法!痩せすぎ注意

妊娠中でも痩せられる断食の中でも特に手軽で断食の入門編としても利用される半日断食は、3食の食事のうち朝食だけを酵素ドリンクやダイエットサプリに置き換えて、残りの2食で栄養バランスをとることも可能で、栄養不足にならない断食方法です。
朝食時に固形物を食べないことから、胃も小さくなり昼食時はいつもより少ない食事量でも満腹感を得られるようになります。

こうしたことから妊娠中のダイエットには適していると言われており、痩せ方もとても緩やかなものなので、妊娠中の体重コントロールに活用できると言われています。

しかし妊娠中は妊娠前の体とは違うので痩せすぎはいけませんし、担当ドクターの指示がない限りは不要なダイエットは行わないでいる方が良いです。
担当のドクターからの最適な指示のもとでのマタニティダイエットは良いが、自分だけで判断してダイエットを行うのは危険なので注意するようにしましょう。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ