酵素ドリンクダイエットで気になる酵素断食のやり方と手作り酵素

酵素ドリンクダイエットのやり方
健康に良い、ダイエットにも良い、美容にも良いと、いいこと尽くしの酵素はドリンクタイプでも粒やカプセルのサプリタイプでも日本に再上陸した手作り系などもあり、種類や形状が豊富にあります。
酵素は何と言ってもダイエットができることで有名ですが、正しいやり方や酵素の選び方によって違いはないのでしょうか。

また酵素は手作りできると言われた時代がありましたがそういった酵素もダイエットに使えるのか、それとよく似た印象がある酵母は酵素との違いはどうなのかも含めて詳しく調査してみました。

酵素ドリンクダイエットの基本!

酵素ドリンクダイエットの基本酵素にはドリンクタイプと粒やカプセルなどのタイプがありますが、酵素でダイエットをするときはドリンクタイプを使うことが基本になっています。

酵素ドリンクダイエットの方法はファスティングが基本となっていて、半日程度のファスティングから丸1日3食を食べない1日断食、3日間酵素ドリンクだけで過ごすちょっと本格的なファスティングまで期間別にいくつかの方法があります。

酵素断食のやり方はこちら

酵素ドリンクはファスティング中の水分と栄養分の補給のために食事の代わりに摂取するもので、ファスティングの期間によっては1日に何杯も飲むこともあります。
酵素ドリンクダイエットの正しいやり方や酵素ドリンクの選び方なども含めて詳しく見ていきましょう!

人気の酵素ダイエット商品まとめ
■スリムサポート酵素α+(粒タイプ)
スリムサポート酵素α+画像
商品情報
価格:初回限定 1,920円
販売元:株式会社グロースジャパン
責任者:福岡 龍一
連絡先:0120-92-4511【通話無料】
所在地:宮崎県都城市都原7418-2

スリムサポート酵素α+公式ページ

スリムサポート酵素α+

■こうじ酵素(粒タイプ)

こうじ酵素公式
商品情報
価格:初回モニター限定 990円
販売元:株式会社ビアンネ
責任者:中上 元弘
連絡先:0120-275-458【通話無料】
所在地:東京都品川区西五反田8-9-5

こうじ酵素公式ページ

こうじ酵素

■優光泉(ドリンクタイプ)

優光泉公式サイト
商品情報
価格:初回限定 6,372円
販売元:株式会社 エリカ健康道場
責任者:北島 昭博
連絡先:0952-31-1394
所在地:佐賀県佐賀市高木瀬東5-21-13

優光泉公式ページ

優光泉

■クレンジング酵素0(顆粒タイプ)

クレンジング酵素0公式
商品情報
価格:初回限定 驚きの100円
販売元:株式会社クワンジャパン
責任者:江口 広太
連絡先:050-5306-3017
所在地:福岡県福岡市中央区天神1-4-2

クレンジング酵素0公式ページ

クレンジング酵素0

■はぴーと(カプセルタイプ)

はぴーと公式サイト
商品情報
価格:初回限定 実質0円
※送料の650円が必要です
販売元:株式会社 HRC
責任者:中沢 宏
連絡先:0120-704-801【通話無料】
所在地:東京都新宿区下落合2-3-18

はぴーと公式ページ

はぴーと

■美人赤汁(ドリンクタイプ)

美人赤汁公式サイト
商品情報
価格:初回限定 1,980円
販売元:IKU株式会社
責任者:斉藤 和典
連絡先:0120-746-117【通話無料】
所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1-9-19

美人赤汁公式ページ

美人赤汁

酵素ドリンクを使ったファスティングのやり方と注意点

酵素ドリンクダイエットをするときは先にも述べたようにファスティングをすることが基本で、食事を摂らない期間は酵素ドリンクと水分だけを摂取して過ごすというやり方が主流です。
完全に食事は摂らない状態を作り出すものの、体調不良にならないためや水分不足で脱水状態にならないために酵素ドリンクや水分は摂取するという新しいスタイルともいえるファスティングです。

これまでファスティングという言い方ではなくどちらかと言えば断食として認識されてきたこのファスティングは、どちらも同じ意味なのですが近年ではファスティングは胃腸を休ませるといったニュアンスがあり飲まず食わずのイメージが強い断食よりも緩い印象を受けます。

ファスティングのスケジュール表酵素ドリンクを使ったファスティングをするときは準備期間を設けてしっかり準備することが重要です。
準備期間、ファスティング当日(半日程度から3日間程度)、回復期間を設定することによって体の負担やリバウンドしやすい状態を回避することができます。

例えば3日間のファスティングを予定している場合のスケジュールを大まかに設定すると、準備期間は3日~4日、ファスティング当日を3日間、回復期間を2日~3日ほどとすると最大で10日間くらいが必要になります。
しっかりとファスティングをするならこうしたスケジュール調整も必要で、体調の悪いときを避けて行わなければいけませんからある程度のタイミングも大切です。

長期間のファスティングはダメファスティングはダイエット効果が高いので長い期間続けた方が痩せられると考える方がいますが3日間以上の長期間に及ぶファスティングはしないでください。

ファスティングは確かにダイエット効果が高いのですが最大でも3日間がよく、それ以上続けていくと体にとって負担となったり低栄養状態になることも考えられるので最大で3日間を守るようにしましょう。

ファスティングを自分自身で行うときにはおすすめなやり方が5つあります。
自分でファスティングをするときの目安にしたり、自分に最適な期間を見つけるための参考にしてください。
ファスティングの前日の夜またはファスティング直前の食事は脂肪分の少ない和食などを腹八分目に食べるようにして、極端に大食いをしたりすることは各コース共通して禁止です。

酵素ファスティングダイエットの流れ
画像は初心者でも始めやすい半日コースを説明しています。
1日~3日のコースでは酵素ドリンクを含め、多くの水分を補給する必要があります。

初心者向け 半日コース 費用:1,000円程 初心者向け 半日コース 費用:1,000円程

前日の夕食から翌日の昼食まで最低18時間をファスティングし、翌日の午前に水分を最低500ml以上飲むことがルールになります。
酵素ドリンクは食事の代わりに200mlから500ml程度飲み、水分は炭酸水や麦茶などをこまめに多めに摂取することがおすすめです。

初心者向け 1日コース 費用:2,000円~5,000円程 初心者向け 1日コース 費用:2,000円~5,000円程
休日前の夕食から翌日の夕食前までおよそ3回の食事を食べないで約30時間ファスティングします。
朝食からスタートしてもよく自分のやりやすいタイミングでもよいとされています。
お腹がすいたら半日コースのように多めに酵素や水分を飲むようにして、間食などは一切しないことがルールになります。
ファスティング経験者向け 2日コース 費用:3,000円~8,000円程 ファスティング経験者向け 2日コース 費用:3,000円~8,000円程
朝食や夕食などどのタイミングからスタートしても良いのですが合計で6食の食事を抜き、酵素ドリンクと水分のみで過ごします。
お腹がすいたら酵素ドリンクや水分を飲み、飲み物は多めに飲むようにします。
酵素ドリンクを準備するときは2本くらいが必要になります。
中級者向け 3日コース 費用:5,000円~12,000円程 中級者向け 3日コース 費用:5,000円~12,000円程
合計で9食の食事を抜き酵素ドリンクと水分のみで過ごします。
酵素ドリンクの飲み方は他のコースと同じで水分も多めに摂取します。
酵素ドリンクは1日1本目安として最低でも3本は準備しておくことがおすすめです。
宿泊コース 費用:50,000円~60,000円くらい施設により異なる 宿泊コース 費用:50,000円~60,000円くらい施設により異なる
ホテルや民宿などの宿泊施設に専門の指導員が付き、指導をうけながらファスティングを行います。
自力でのファスティングに自信がない方やしっかりと指導の元で安全に進めたい方に向いています。
ファスティングプランがあらかじめ設定されているホテルやファスティングツアーなどもあり、費用はかかりますがしっかりとファスティングできることが最大の魅力です。

ファスティングダイエットを体験できるサービス紹介

ファスティングプランのあるホテル
フォレストイン伊万里の画像
フォレスト イン 伊万里 佐賀県

ファスティング(断食)できるツアー
大本山 成田山の画像
大本山 成田山 千葉県

酵素ドリンクダイエットにベストなタイミングは?

酵素ドリンクダイエットにベストなタイミング酵素ドリンクダイエットはいろいろなやり方があるほかにしっかりと減量効果を発揮するので、できれば痩せやすいタイミングやベストなタイミングで効率的に実施したいダイエットです。
実は女性の場合には酵素ドリンクダイエットに適しているタイミングがあり、それは生理との関係がとても深いと言われています。

生理の前は体重が増えたとかイライラしやすくてつい食べ過ぎたなどのように、PMSの関係もあって比較的太りやすくてむくみやすいことが多くあります。
ホルモンバランスの関係から言っても生理の前はプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が多くなり、栄養や水分を体に蓄えようとするためどうしても太りやすいしむくみやすくなります。

そして生理初日から2週間目くらいまでの間は体内の老廃物や水分を排出しやすくなり、女性の体にとって最も痩せやすい時期となります。
生理前は2キロくらいいつも太ってしまうけれど、生理になるといつの間にか元の体重に戻っている、と言った経験はこうしたメカニズムから成り立っています。

そのため酵素ドリンクダイエットをするときはできれば生理が落ち着いた生理開始後7日目ごろから14日目くらいまでの間が適しているタイミングといえます。

酵素ドリンクの選び方と間食のリスク

酵素ドリンクの選び方酵素ドリンクダイエットをするならダイエットに適した酵素ドリンクを使いたいと思うもので、痩せる効果が高いものを選びたくなります。
酵素ドリンクの種類はとても多くありパッケージがかわいらしいものやダイエットに最適!などと謳っている商品もあるので正直なところ迷ってしまいます。

酵素ドリンクダイエットは間食をしても良いという一説もありますが、その場合には食べて良いおやつやNGなおやつなどがあるのかも正しく知りたいところです。
決して安くはない酵素ドリンクの選び方と、リバウンドによってダイエットが失敗しないための間食に良いおやつなど詳しく見ていきましょう。

添加物なしの酵素ドリンクがおすすめ

酵素ドリンクは今や多くの種類があり、特に通販では把握しきれないほどの酵素ドリンクが存在しています。
酵素そのものは発酵しているものなので本来なら保存料などは一切必要ないのですが、数えきれないほど存在している酵素ドリンクの中のほとんどには何らかの形で保存料が使用されています。
添加物ゼロの酵素ドリンクですがすべての酵素ドリンクに保存料が使われているということではなく、中には優光泉のように保存料フリーの酵素ドリンクもあり、優光泉は特許も取得していることから信頼できる酵素ドリンクです。
また発酵させる過程で酵素にははちみつや砂糖を使用することが多いのですが、優光泉の場合は麦芽糖が使われていてややカロリー控えめな酵素ドリンクに仕上がっています。

このようなことから優光泉が酵素ドリンクダイエットにとても適している酵素ドリンクとしておすすめできます。

間食が酵素を減らす?酵素の無駄遣いはデブの元

酵素ドリンクダイエット中は間食してもいいという説があります。
ダイエット中ですからそんな間食なんてしない方が良いのではないかと思う方もいると思いますが、結論から言えば間食はしても良いといえます。

しかしこの場合の間食にはケーキなどのスイーツを食べても良いという意味ではなくて、食べる内容がダイエットの行く末を決めるといってもいいほど影響します。
先に述べたケーキなどのスイーツは大量の砂糖を含んでいます。
砂糖を消化するときには大量の消化酵素が必要で、このときに使われる大量の消化酵素が酵素ドリンクダイエットを失敗させてしまう原因になります。

どういうことなのかというと、酵素ドリンクダイエットは消化酵素の分泌を抑えて代謝酵素を増やそうというダイエット法のため体内にある消化酵素を多く使って砂糖を消化することは本来の酵素ドリンクダイエットの考え方では不利益になります。
いくら酵素ドリンクを飲んで酵素を補っても砂糖を消化するために使われてしまえば代謝酵素の出番や分泌はあまり期待できなくなります。
間食するならフルーツ
ではどうして間食してもいいという説があるのかというと、砂糖を多く使用しているスイーツなどを食べるのではなくて酵素そのものを含んでいる生のフルーツを食べるなら良いという意味あいで使用されています。
生のフルーツには酵素がたくさん含まれているのでフルーツを生のまま食べたり、生ジュースにしたり、凍らせてひんやりと食べたり、ドライフルーツとして食べて空腹を乗り越えようといった意味があります。

こうしたことから総合的に考えると間食は酵素を減らしてしまうことが考えられるので、酵素の無駄遣いになるような間食は控えておく方が良いといえます。

体をリセットしながらダイエット!酵素断食のやり方

置き換えダイエット断食からイメージするのは食事を全く摂らないで数日間または決められた期間を生き抜くようなものがありますが、近年の断食はこのような過激なものではなくなってきています。
どちらかというと固形物を摂取しないで酵素ドリンクで最低限の栄養素を補い、水分も十分に摂取しながら胃腸を休めるというニュアンスで断食を実行することが増えています。

つまり古くからのイメージにあるような過激な断食よりも徹底的な置き換えダイエットに近い要素が強くなっており、同じ意味を持つ言葉のファスティングも同じニュアンスで使用されることが増えています。

酵素断食の基本的なやり方と断食の意味

酵素断食の基本酵素ドリンクを使った断食の酵素断食は置き換えダイエットのようなニュアンスが強いですが、実際にやってみるとなると決して楽なものではありません。
空腹感との闘いや食べないという辛さを乗り越える必要があるものです。

酵素断食の成功を目指すには正しい知識や事前の準備がとても大切で、プチ断食から3日間の断食までそれぞれに正しいやり方と知識や準備をもって取り組むことが重要です。
酵素断食は期間によっていくつかの種類がありますが、今回は3日間の酵素断食について詳しく見ていきましょう!

正しい酵素断食のやり方を伝授 正しい酵素断食のやり方を伝授
断食スケジュール酵素断食に取り組むときは事前準備として断食スケジュールを立てることから始めます。
断食期間3日間を中心にして、前後に準備期間を設けることが必要で、断食期間の前を準備期間、後を回復期間としてそれぞれ2~3日を目安にスケジュールを確保しておきましょう。

準備期間は梅干しや具のない味噌汁などの塩分のあるものを準備しておきます。
断食中は塩分不足になりやすく水分も不足しやすい状態になるため、これらを補えるものを準備しておくとよく、特に塩分不足による頭痛を回避できます。
梅干しは酵素ドリンクの合間に白湯にほぐして飲むとよく、味にも変化があり温かさも感じられるのでおすすめです。
甘い梅干しではなく通常の一般的な酸っぱい梅干しを用意してください。

また酵素ドリンクとノンカフェインの飲み物を少し多めに準備しておくと良いです。
食事の代わりに酵素ドリンクを飲むので目安としてはフルボトルなら2本程度は準備しておいた方が良いでしょう。
不安な方は3本あってもよく、回復食にも飲めるので準備しておいて損はありません。

水分は麦茶などのノンカフェインのものが良く、水かお茶を最低でも1日あたり2リットルを目安にしてください。
今回は3日間の断食で考えると最低でも6リットルは必要になる計算です。
酵素断食の準備
準備期間中の食生活は極端に消化に悪いものを避けるようにします。
揚げ物などの脂っこいものを始め、暴飲暴食をしないように心がけておきましょう。
できれば腹八分目で和食や水分の多いものを食べるようにしておくとスムーズです。

3日間の断食中の酵素ドリンクの飲み方は所説ありますが、200mlを1杯として最低で1日平均3杯から6杯くらいを目安にして飲むようにします。
食事の代わりに飲む感覚で飲みますが空腹感を感じたら酵素ドリンクを飲むようにすることもおすすめです。
酵素ドリンクと水分以外に生ジュースなどを用いる断食方法もあるようですが、今回は酵素ドリンクと水分のみを摂取した断食として進めていきます。

酵素ドリンク以外にも水分はこまめに摂取した方がよく、事前に準備しておいたノンカフェインの水分を積極的に飲むようにします。
麦茶をはじめ炭酸水、ミネラルウォーターなどが適しており、冷たいばかりではなく温めることも可能です。

水分は多く摂った方が良いのですが極端に水下痢をするようなときは調整したり断食そのものを中止した方が良いこともありますので注意が必要です。
水分を多く摂取する理由として脱水症状を防ぐ目的と、デトックス効果を高める目的もあります。
回復期間メニュー
断食終了後の回復期間は酵素ドリンクとおかゆ半量程度の食事からスタートします。
3日間ほとんど固形物が体に入っていませんので食事はゆっくり回復させていくことが重要で、おかゆ半量でもゆっくりと時間をかけて食べるようにしましょう。
回復期間初日はおかゆ半量と酵素ドリンク、具のない味噌汁を添える程度が良いと言われています。

2日目は酵素ドリンクに柔らかく煮た野菜スープやパンなども加えていきます。
おかゆの量も八分目くらいまで増やしていき、あくまでも消化の良いものにこだわった食事を意識することが大切です。
食事量に物足りなさを感じることがあっても回復食は焦らずに進めていきましょう。

3日目は酵素ドリンクに普通のご飯を半量と言った感じで徐々に和食を食べられるようにしていきますがお昼か夜には蕎麦や焼き魚定食などを食べ、お腹の調子をみながら普通食に戻し回復期間を終了させます。
回復期間でも酵素ドリンクは毎食飲み最後までしっかり飲み切るようにしましょう。
酵素断食3日間がオススメな理由

酵素断食の意味は実はこんなに広かった! 酵素断食の意味は実はこんなに広かった!
断食はそもそも辛さを乗り越えるとか、身を清めるといった意味合いがありましたが近年は随分変化しており、糖質制限をして痩せる目的で使われる言葉になってきています。
酵素ダイエット、酵素断食、酵素ファスティングなどいろいろな言い方があり、一見するとどれがどう違うのかな?と思うのですが、これらのすべては置き換えダイエットに分類されます。

超短期間の糖質制限ダイエット広い意味で考えれば置き換えダイエットそのものが糖質制限ダイエットのため、糖質以外の栄養素を酵素ドリンクで補いながらできる超短期間の糖質制限ダイエットともいえます。
糖質制限ダイエットが効率的に痩せる仕組みを一部利用しているといっても良いダイエット方法ではないでしょうか。

酵素断食は胃腸を休ませる意味、3日間という超短期間の糖質制限ダイエット、体をリセット・デトックスするなどの意味合いもあるので正しいやり方や知識をしっかり把握した上で取り組みましょう。

酵素断食3日間コースがオススメな理由

酵素断食のおすすめ期間について個人で実践できる酵素断食はおよそ半日程度から3日間くらいまでが一般的で、その中でも3日間のコースに人気が集まっておりまたおすすめされています。
3日間の断食となると先にも述べたように準備や回復に多少の時間がかかるので平日に行うことは難しいと予測できます。
それなのにどうして3日間の酵素断食がおすすめなのでしょうか。
酵素断食3日間がおすすめな理由を徹底調査してみました!

体は断食2日目からデトックスモードONになる 体は断食2日目からデトックスモードONになる

断食は3日以上続けてはいけないものではなくやり方によっては5日、7日といったように長く続けることもあります。
しかし断食期間が長くなると正直なところ辛すぎて失敗することも出てきますし、体調面での栄養不足状態も心配になります。
そういった意味では3日間の断食は個人で取り組みやすく、前後のスケジュールの関係から考えても現代人に取り組みやすい標準的なスタイルです。

酵素断食中の変化断食中の体は断食2日目から変化が起こると言われておりこの変化が断食の効果のすべてと言っても良いほどの大きな影響をもたらします。
断食初日は胃腸を休ませる効果はあるものの体としては単純に食べ物が入ってこないだけと認識されていてデトックス効果まではあまり期待できません。

2日目になると胃腸を休めると同時に宿便などを始め体内の毒素や老廃物を排出させる働きが活発になり、どんどんデトックス効果が強くなります。
こうした状態のまま3日目を過ごすと体のむくみが解消されたり、腸内もすっきりする、見た目にもほっそりしたように見えるなどの効果が出てきます。

酵素断食後の体重驚くことに代謝機能がアップして脂肪燃焼効果も高くなり、これらの効果は断食後数か月後まで持続すると言われています。
断食3日間の間に体が変化し、特に2日目からデトックスモードがオンになることによって痩せ体質に近づく可能性が高まります。
実際に体重にも変化があり平均的な酵素断食3日間を行った方は3キロ前後の体重減少が見られることが一般的です。

断食中のデトックスってどんな症状があるの?

断食中のデトックス効果について断食中に良く言うデトックス効果というものは実は人によって違いがありさまざまな症状があります。
断食中に体に起こる変化は、断食によって消化をしないため消化酵素の使用が一時的に減ることに理由があります。
消化酵素の使用が減ると、その分代謝のために酵素が使用され始めます。
代謝が活発になるといろいろな老廃物を排出しようとするため、デトックス効果が強く発揮されるようになります。

デトックスというと便秘解消のような印象を受けますが、普段から便秘がちの方は腸が良く動くようになって腸内の便を排せつしようとする働きが高まります。
すんなり普通便で出ることもあれば下痢になって出ることもありここは個人差のあるところのためやってみないとわからない部分です。

腸内環境が良くない方は腸内で分解されないで残っていた食品も一気に排出されることがあります。
排泄物が異様に臭う場合は腸内環境が悪かった証拠で、腸内環境もリセットする方向で動き出しているサインになります。

その他の症状では微熱程度の発熱や発疹が出ることがありますし、人によっては強い眠気に襲われることもあります。
起きていられないほどの倦怠感が発生したり、ぼーっとすることが増えるなども含めて心配になるような症状も多少でてきます。
デトックス効果は個人差がある
どこまでが安全でどこまでが心配な症状なのかの見極めは難しく、特に1人で自宅で酵素断食をする場合は注意が必要となりますが一応の目安として自分の中で我慢できないと判断するような症状がでたときは断食を中止することがおすすめです。

こうしたデトックス効果による症状は、普段の生活の中でどれだけの毒素や老廃物を貯めこんでいたのかによっても強さが変化します。
不規則な生活習慣の方は少し覚悟が必要になることもあり、それらをリセットする意味でも取り組むことも良いことです。

また酵素断食に使用する酵素ドリンクの種類によっても多少変化があり、酵素ドリンクの原料に野草類を多く使用しているものはやや強めのデトックス効果による症状が出やすいとも言われています。
通常の野菜や果物以外に野草を何十種などというキャッチも多いですが、野草の種類は事前にチェックしておくことがおすすめです。

断食に使用する酵素ドリンクは1種類だけを使うのも良いですがこうした原料による違いを考えると2種類くらいのドリンクを準備してみるのも良いといえます。
また発酵のために砂糖やはちみつを使用している酵素ドリンクよりも麦芽糖など低カロリーな甘みを使用している方がより一層のダイエット効果が期待できます。

酵素断食どれだけ痩せる?ダイエット効果と大事な回復食について

回復期間の食事酵素断食は体のリセットやダイエット効果が期待できるといいますが実際にはどれだけ痩せることができるのでしょうか。
超短期間ダイエットとして取り組む場合は気になるところです。
また回復期間に食べる回復食が断食後の体を左右するなどという説もあり、回復食はどのようなものを食べると良いのかも気になります。
酵素断食で目安になる体重の減少と回復食について詳しく調べてみました!

酵素断食で得られるダイエット効果の目安 酵素断食で得られるダイエット効果の目安

酵素断食でどれくらい痩せるのかダイエッターにとってはとても気になるところですが、簡単に考えると断食日数と減少する体重は大体比例しているといえます。
1日の断食なら1キロといった感じで痩せられるので3日間の断食なら3キロがおおよその目安になります。

酵素断食のダイエット効果例えば連休を利用して3日間の酵素断食をしたとしましょう。
この場合でも3キロくらいのダイエットが期待できます。
短期集中ダイエットの方法は他にもたくさんありますが確実に痩せられることを含めると非常に強力なダイエット法です。

何かサプリなどを飲んで痩せることとは違い、単純に酵素ドリンクや水分以外の食事をしないというものなので痩せて当然という考え方もあるでしょうがそれをあえて実践して確実に痩せるのですから頑張った分得られるものは多くなります。
標準体重をオーバーしている方はより痩せやすい傾向がありそういった意味でも健康を取り戻すに良いダイエットです。

体重が減る以外に胃腸を休めて元気にする効果や、デトックス効果によって体をリセットできること、代謝がアップして脂肪燃焼も期待できることを考えるととても有意義なダイエット法です。
1年に1回などのように定期的に酵素断食を行うことも健康維持のため、ダイエットのためにはとても良いといえます。

酵素断食の後は回復食が大事!リバウンドさせない回復食とは?

断食後の食事に注意酵素断食で大切なのは断食中よりも回復食をどう摂取するかということです。
回復食は体を断食の状態から普段通りに戻す以外にも重要な役割を担っているからです。
断食によって食べ物を受け付けていない状態の体は、言い換えれば断食によって急激に痩せた状態です。

急激に痩せた体は食べた分だけせっせと吸収していくので糖質や脂質の摂取量は慎重に調節していかなければなりません。
辛い酵素断食を終了してやっと好きなものが食べれると思い、いきなりとんかつ定食でも食べてしまえばアッという間にリバウンドしてしまいます。

回復食を食べ始めるときは初日はおかゆや具なしの味噌汁と酵素ドリンクからスタートしていき、1回の量も通常の半量くらいにしておきます。
朝晩、またはお昼だけ、といったように初日は連続しておかゆを食べないで少し胃腸にも消化吸収の時間を多めに作るようにしましょう。

胃腸の調子が悪いときは医療機関へこのときに胃腸の調子がおかしいと感じたり、腸が動いて痛みを感じるときは、様子を見ながら食事をゆっくり食べるようにしていきます。
またどうしても我慢できないときは無理をしないで医療機関を受診しましょう。

回復食2日目には消化の良い柔らかく煮た野菜のスープや煮物や煮魚などをやはり半量から7分目くらいを意識して食べていき、3日目の夕食には完全に普通食に戻せるように調整していきます。
回復食の期間中は酵素ドリンクを毎食飲むようにして、胃腸の調子も様子を見ながら食べ進めるようにします。
回復食については油の少ない消化吸収の良いものがおすすめで、主に古くから言われているような和食が理想的です。

酵素断食のダイエット効果を最大限に引き出すにはもう1つポイントがあります。
断食も単なる断食ではなく「酵素断食」を選んで行った場合は、酵素の働きを最大限に生かすことがダイエットの効果を最大限に引き出します。

回復食以降の食事について、酵素断食後少なくとも1か月は糖質と脂質の摂りすぎを防止し、間食や夜食もしないことが重要です。
糖質は消化する際に多くの酵素を必要とするもので、特に砂糖は消化酵素を通常よりも相当多く消費してしまいます。
断食後注意すること
こうしたことから糖質制限までいかなくても糖質を控える意識をすることが必要で、特に夕食は糖質の少ないメニューを考えて食べると良いでしょう。
最近では糖質をコントロールしている食品がコンビニでも購入できる(※ライザップ食のポイントとライザップコレクション活用術)ので活用することもおすすめです。

間食や夜食についても同じで特に甘いケーキ類などは食べないか、糖質カットしている商品を食べることがおすすめです。
間食や夜食は仮にどんなものを食べたとしても基本的な酵素量を3食の食事以外に多く消費させます。
できるなら間食や夜食は断食後は辞める勇気も持つと良いでしょう。

間食や夜食の習慣が無くなればそれだけ摂取カロリーも減り、3食の食事以外に酵素を無駄遣いしなくなるメリットがあります。
痩せやすい体を維持することにも貢献しますのでダイエットを優先したい方は実践あるのみです。

酵素断食の注意点のまとめ

酵素断食は準備が大事酵素断食はダイエットの観点から言えば非常に強力な短期集中ダイエットです。
3日間の断食で3キロ痩せるというのはなかなか他にはないといえますし、通常は1か月かけて食事制限や運動をしながら2~3キロ痩せるので、比べて見ても相当強力なダイエットなことがわかります。

酵素断食には辛さもありますが多くのメリットも存在しており、こうしたメリットにも目を向けて取り組むときにはあらかじめ酵素ドリンクに体を慣らしておくことも必要です。
今まで酵素ドリンクを全く飲んだことがない方がいきなり酵素ドリンクをメインにした3日間を過ごすことは無謀です。

同時に酵素断食について正しいやり方や知識などがない状態で取り組むことも良くありませんし、万一のときの対応にも困ることが予測できます。
断食は場合によっては体調不良を起こすこともあるのでこうした事前準備はしっかり行うことがある意味ではマナーです。

酵素断食によって好転反応やデトックス効果を感じますが、これらは場合によっては医療機関を受診しなければならないこともあるほど強い症状を伴うことがあります。
こうしたリスクも潜んでいることをしっかり理解した上で取り組む必要があり、万一のときの連絡先なども確保しておくようにしましょう。

酵素断食は準備不足のまま実行すると空腹感に耐えられないとか塩分不足で体調不良を起こすなど途中で断念しなければならなくなります。
中途半端な断食は食欲にも影響しますのでダイエットしたつもりがリバウンドするといった悲劇にもつながりかねないのでしっかり準備しておきましょう。

ドリンクと粒サプリはどっちがいい?酵素と酵母の違いについて

酵素と酵母酵素は今やいろいろな種類があって本当にどれがいい酵素なのかも見極められないほどありますが大きく分けると粒やカプセルに入ったいわゆる粒タイプと、ドリンクタイプに分けられます。
どちらも酵素としては同じ働きをすることが考えられますが、どっちがいいのか選択するときには同じ酵素でもやはり迷ってしまいます。

どんな使い方をするのか、持ち歩くのかなど用途や目的によって使い分けることが理想的でしょうが、両者の酵素にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

また酵素によく似た響きの酵母がありますが、酵母とはどんなものでしょうか。
酵素と酵母の違いから考える摂取の仕方などについても詳しく見ていきましょう!

酵素ドリンクと粒サプリのメリットとデメリット

ドリンクと粒のメリットデメリット酵素には大きく分けてドリンクタイプと粒タイプがあります。
どちらも酵素ですから基本的には遜色ないように感じますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

酵素ドリンクは酵素ドリンクダイエットにも使用されるように消化吸収に優れていて、酵素そのものの味や香りも感じられるものです。
置き換えダイエットやファスティングにも使用されるほどの栄養価の高さや空腹感を緩和させる効果も期待できることがメリットです。

その一方で酵素ドリンクだからこそ持ち運びの際には瓶ごと持ち歩かなければならないし、酵素という生き物のドリンクのため温度管理も必要で持ち運ぶときにはひと手間かかる印象です。
もう1つデメリットだとすればそれは価格帯で、酵素ドリンクは手軽な価格帯のものはほとんどなく平均して大体1本5,000円前後くらいのものが多いです。

粒タイプの酵素はドリンクタイプのデメリットを完全にカバーするように持ち運びに便利で酵素独自の発酵した味や臭いが苦手な方もそれらを感じないで飲むことができます。
場所を選ぶこともなく水やぬるま湯でさっと飲めるのは外出中のメリットといえます。

また価格帯については安いものでは1,000円くらいから販売されていてドラッグストアでも手軽に購入できます。
通販で購入するときもまとめ買いや定期購入を利用するとさらに安く買えることもありそういった部分ではとてもリーズナブルです。

ですが酵素ドリンクのようにファスティングには使えないことがデメリットで、空腹感を緩和するようなことはありません。
どちらかというとダイエットの目的よりも日々の健康維持のために飲む方が適しているタイプです。

そもそも酵母とは?酵素との違いを調査

酵母とは
酵素とよく似た響きの酵母は、発酵食品を作り出す微生物のことをいいます。
微生物というと気持ち悪い生き物を連想するかもしれませんが酵母は人体に対しては無害でむしろ役立つ微生物です。

酵母そのものは身近に存在しているもので、土や水中、植物や哺乳類などのほとんどの生命体に住んでおり、食品ではビール酵母としてビールを発酵する際に使われているものや、パンの発酵に使用されるイースト、みそやしょうゆや酒を作るときにもその製品のオリジナルの酵母が使われています。
ダイエットにも活用されていて酵母として粉末状に加工され、毎日摂取することが推奨されているものもあります。

酵母は身近なところに存在している微生物ですが、酵母の中でも天然酵母は人工的に作られた酵母よりも丈夫なことで知られています。
熱や酸に強い性質を持ち胃酸などにも影響されることなく酵母として生きたまま腸内まで到達し、腸内では食べ物だけを発酵させる働きを担っています。

この食べ物を発酵させるときに酵母から作り出されるのが酵素で簡単に言えば酵母は酵素を生み出す微生物という風に例えることができます。
天然酵母は酵素以外にビタミンB群やミネラル類、アミノ酸なども保持しており、腸内では効率的に腸内環境を整えて酵素を作り出すことができ、酵素と並んで積極的に摂取したい微生物です。

酵母はサプリで摂取酵母は酵素ドリンクのようにドリンク状に加工されたものもありますが、酵母ドリンクというよりは酵素ドリンクに天然酵母配合といった感じのプラスアルファの存在として加えられることが多くあります。
酵母を単体で摂取したい場合は酵素ドリンクに配合されている天然酵母も良いのですが、どちらかという酵母のサプリから摂取するほうが効率的です。

一方酵素は生命活動には必要不可欠な栄養素で、人間の体の中の消化、代謝、吸収、排せつに不快関わりのあるものです。
もともと体内に存在している栄養素なのですが加齢とともに減少していくことがわかっており、酵素が少なくなると体調不良や老化が加速するようになります。
アンチエイジングやダイエット、健康と美容のために摂取することが増えていて酵素製品は通販業界では数えきれないほど存在しています。

酵素そのものを摂取するときは酵素ドリンクや粒やカプセルなどのサプリメントとして摂取でき、酵母は花ざくろ酵母に代表されるように酵母として摂取する方が効率的です。

酵素と酵母を一緒に摂取できるのはコンブチャ!

話題のコンブチャ昭和50年代ごろに日本では紅茶をベースにした液体に紅茶キノコの菌(マザー)を入れて発酵させて育てる紅茶キノコという飲み物が大流行しました。
健康ブームの先駆けともなったこの紅茶キノコは発酵飲料として人気が高まり各家庭で手作りでき、酵素と酵母の両方を摂取できるドリンクとして話題となりました。

しかし日本では一部で衛生上の問題が発生してしまい、ブームが起こったと思ったらアッという間に姿を消してしまうのですが、海外ではこの紅茶キノコの人気は長年消えることがなくコンブチャに名前を変えて日本に再上陸を果たします。
やはり日本に再上陸したコンブチャも酵素と酵母の両方を摂取できることに注目が集まり、また発酵飲料として菌活できることにも着目されて多くのセレブやスターたちが愛飲し始めて日本以外の国々にもどんどん広まっていきました。

コンブチャには菌活に優れた効果を発揮する栄養素がふんだんに含まれていることや、昭和の終わりごろのように衛生面の問題がなく、衛生面の問題のないコンブチャドリンクとして製品化されていることなどから手軽に安心して飲めるようになり日本でも人気と注目を集めています。

カロリーの低さや栄養バランスに着目されるようになってからはダイエット効果がある、置き換えダイエットにも活用できるとして非常に人気が高まっています。
現代でも手作りキットなどが通販で入手でき、自分だけのオリジナルコンブチャを作ることもできます。
2,000円くらいから3,000円くらいで株を1~2枚購入でき、コンブチャの作り方の説明書が付属したキットが人気となっています。

コンブチャを詳しく見る
コンブチャについて詳しくはこちらコンブチャをチェックしてみてください。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ