肥満大国アメリカから輸入されるダイエット薬は危険なのか?

ダイエット用の薬品は、全てが国内産の物とは限りません。時には海外製の物もあります。
その中でも、肥満大国と言われているアメリカから輸入されたダイエット薬の安全性と言うのは気になるものがあります。

肥満大国だけに、ダイエット薬の開発も盛んに行われている事は理解出来ますが、安全性を考えた場合、日本人の体質に合うのでしょうか。

アメリカ製ダイエット薬の危険性について

肥満大国のアメリカ以前、日本では海外製のダイエット薬を個人輸入をして服用し、死亡した事がありましたが、個人輸入と言うのは便利なようでこのような危険性があると言う表裏一体な部分を持っています。

アメリカ製のダイエット薬についても例外では無く、アメリカ人向けに開発されたダイエット薬は、日本人には強すぎる、成分が多すぎると言う意見もちらほらと見かけます。

しかし、アメリカ製のダイエット薬でも、日本では保険適用外になりますが、医師から処方してもらう事は可能で、そう言った面では、日本で一応は安全性が確認されていると言う事になるのではないでしょうか。

個人輸入をして、アメリカ製のダイエット薬を自己判断で服用する事は大変危険な事だと思いますが、医師の処方の元、用法容量を守って服用するのであれば、何ら問題はないのではないかと考えます。

少しでも不安を感じるようなら服用を中止する事が大切

不安に感じるダイエット薬品海外製のダイエット薬は、アメリカに限らず、大抵の場合は開発している国の言語、または販売元の国の言語で用法容量が記載されている事が多くあります。
アメリカ製の場合は英語表記されている事がほとんどですが、服用してみて、少しでも違和感を感じたり、極端な副作用を感じた時には、早めに服用をやめる事が良いでしょう。
また、日本の医師から処方されたアメリカ製のダイエット薬を飲んでいる場合も同様で、事前に副作用の説明等はあると思いますが、重篤な状態にならないうちに、処方した医師に相談する事が望ましいと言えます。

日本で処方されている海外製のダイエット薬はある程度安全性が確認されている事が多い

日本で保険適用外であっても医師が処方する事が出来るダイエット薬には、その必要性や安全性がある程度認められている事が多いと言えます。
その為、自己判断で個人輸入をするのでは無く、日本の医師の処方、指導の元で服用する事がベストでしょう。
万一の事があった場合にも、相談出来ますし、何らかの緊急処置をしてもらう事も可能になるからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ