ダイエットができる人とできない人の違いは何?

女性にとって永遠のテーマである「ダイエット」。さまざまな方法を試してみたけど失敗ばかり……という人のために、ダイエットができる人とできない人の違いについて、詳しく見ていきましょう。

ダイエットの成功と失敗

ダイエットができない人の特徴・4選

ダイエットに失敗してしまう、またはダイエットができない人の特徴で多いタイプを4つほどまとめてみました。

すぐに実行に移さない すぐに実行に移さない
ダイエットには適度な運動と食事制限が欠かせません。
しかし、大好きなお菓子やケーキが家にあったら、どうしても食べたくなってしまいます。そのため 「今日は好きなものを食べて、明日から頑張ろう」 と思ってしまいがちですが、それは自分への都合のいい言い訳です。思い立ったらすぐに実行に移すことが、成功への近道です。
この明日から頑張ろう!という気持ちは危険ですよね。
最初は「明日から頑張ろう!」だったのが次の日には「明日から絶対に頑張ろう」という風に自分を甘やかしてしまい、次の日になると「来週からは確実に頑張ろう!」になってしまい、最後には「今日はあまり食べてないから大丈夫では?」になってしまいダイエットそのものをしないという悪循環になってしまいがちです。

短期間で無理に体重を落とそうとする 短期間で無理に体重を落とそうとする
 「すぐに痩せたい!」 と思うあまり、無理な食事制限をして短期間で体重を落とそうとすると、一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまいます。
特に単品だけを食べるような方法だと、途中で飽きてしまったり、栄養が偏ってしまったりと、健康的ではありません。理想の体型に近づくためには、長期的なスパンで行うことが大事です。
短期間で体重を落とそうと思っても体調不良に繋がる可能性もあったり、リバウンドにより前の体重よりも太ってしまうこともあり短期間ダイエットはやり方を間違えると取り返しのつかない結果を招く可能性があります。
そもそも急な体重減少による激痩せはダイエット以外が要因である可能性もあります。詳しくは「急な体重減少による激痩せ注意!病気の可能性も!」で書いているのでこちらもチェックしてみてください。

結果が出るまで持続できない 結果が出るまで持続できない
ダイエットを始めてから、1~2週間程度で結果を求めようとすると、期待していたほど体重が減っていなくてがっかりします。目に見えて効果が感じられないと、モチベーションが下がってしまい、挫折してしまうことも。結果をすぐに求めず、地道に長く続けていく持続力が必要です。
短期間ダイエットとは逆に長期間のスパンでダイエットをする場合、そのダイエット法は体に負担の少ない健康的な方法が主に用いられます。
武田静加さんのスタイルそうなるとダイエット効果はすぐには得られることはほぼ無いのですが、最終的に目標の体重にたどり着けるのは日々継続していく努力が実る形で長期間ダイエットのほうが短期間ダイエットよりもあると言われています。

ただし、長期間ダイエットの場合はモチベーションの維持が課題になると言われますが、楽しみながらダイエットをすることができれば問題なく続けていくことが可能ではないでしょうか?
こちらの「武田静加さん監修のサプリVENUS BODYの情報と口コミまとめ」というサプリの紹介ページにて、楽しくモチベーションを上げるダイエット方法を紹介した付属の本を紹介しています。気になる方は一度目を通して見ると良いと思いますよ。

ラクして痩せようとする ラクして痩せようとする
書店やインターネットなどを見ると、世の中にはさまざまなダイエット方法があふれていることが分かります。中には 「●●を飲んだだけで-5キロ!」 というような、ラクなものもあります。
しかし、痩せるということは自分との戦いです。ラクして痩せることばかりを考えていると、いつまで経っても体重は減りません。多少の負荷がかかっても、確実に痩せられる方法を選びましょう。
楽して簡単に痩せることは難しい!とは言っても仕事や家事などでそんなダイエットに割く時間がなく、思うように痩せることもできないといった人も多いかと思います。
そんなときは当サイトにて痩せるサプリを有効利用すると良いと思います。

ダイエットができる人の特徴・4選

ダイエット成功する人の特徴
ダイエットに失敗する人がいれば、その逆に成功する人ももちろんいます(数は少ないようですが)。そんなダイエットを成功させることができる人にはどのような特徴があるのでしょうか?
こちらでダイエット成功に繋がる情報を紹介したいと思います。

食事のコントロールや運動など、自己管理ができる 食事のコントロールや運動など、自己管理ができる
ダイエットは食生活や運動など、自己管理がきちんとできるかどうかで、成功するかどうかが決まります。どんなに食生活に気をつけていても、運動をしないで寝てばかりいたら健康的には痩せられません。糖質や脂質を控えた食生活と、適度な運動を継続してできるような人は、効果が早く出るでしょう。
自己管理ができる人はライザップでダイエットもオススメです。
長期的な視野で続けることができる 長期的な視野で続けることができる
短期間で無理に痩せようとすると、リバウンドがあったり体調不良を引き起こしたりと、体に悪影響を及ぼします。最低でも3ヶ月~半年以上の期間をあらかじめ決めておいて、無理のない範囲でコツコツと継続することが大切です。
マメに体の変化を記録できる マメに体の変化を記録できる
理想の体型に近づくために重要なのは、毎日体重を測ることだけではありません。測った体重を記録し、その推移を分析する必要があります。体重を記録していくと、どの時期が痩せやすくてどの時期が太りやすいかが分かるので、より効率的に痩せることができます。体重と一緒に食べたものを記録しておくと、あとで振り返ったときに役に立ちます。
結果がすぐに出なくても、あきらめない 結果がすぐに出なくても、あきらめない
ダイエットは長期戦です。すぐに結果が出なくても、あきらめずに地道に続ける力がないと、中途半端に終ってしまいます。短期間で簡単に痩せられる方法はありません。体重に変化がなくてもあきらめずに努力をしていると、結果はあとからついてきます。自分の理想の体型になるまで、あきらめないことが大事です。

ダイエットを成功させるための鉄則3箇条

ダイエット成功の3箇条

 その1.ダイエットを始めるタイミングは思いついたその瞬間から! 

痩せるのに「明日から」という言葉は禁句です。思いついたその日から実行しましょう。

 その2.最低でも2ヶ月は続けること 

早く効果が出ないからといってあきらめると、永遠に痩せることはできません。最低でも2ヶ月は続けましょう。

 その3.運動と食事制限をバランスよく行う 

単品だけを食べ続けたり、過度な食事制限をしたりするのは、持続が難しく、挫折しやすい方法です。運動と食事制限をバランスよく行うことで、理想の体型に近づくことができます。

ダイエットができる人とできない人の特徴には、大きな違いがありました。自己管理や体重の記録など、マメに自分の体をチェックすることが大事です。まずは「短期間でラクに痩せたい」という考え方を捨てることから始めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

2017年~話題の痩せるサプリ

このページの先頭へ